ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第6章 大 学 院 > 大学院
大阪教育大学大学院教育学研究科の組織及び業務内容等について
教育学研究科長裁定
令和3年4月1日
(趣旨)
1 この裁定は,令和3年4月1日以降の大阪教育大学大学院教育学研究科(以下「研究科」という。)の管理・運営にあたり,研究科の組織及び業務内容等について必要な事項を定める。
(主副指導教員)
2 研究科は,大学院生の学修に対して複数の視点で指導及び助言を行うため,主指導教員及び副指導教員(以下「主副指導教員」という。)を置く。
3 主指導教員については,大学院生が希望する研究内容により第13項に規定する各コースのコース代表が原案を作成し,5月に開催する教育学研究科運営委員会(以下「運営委員会」という。)にて決定する。
4 副指導教員については,大学院生が1年次の2月までに主指導教員と相談の上,仮決定し,当該コース代表が取りまとめ,2月に開催する運営委員会にて決定する。
5 主副指導教員は,転出等による特別の場合を除き,当該大学院生が修了するまで変更しない。
6 主副指導教員は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)主指導教員は,大学院生の研究指導を担当し,加えて履修に関する指導及び助言,大学院生の身分上の問題に関する対応,大学院生生活に関する指導,助言及び支援を行う。
(2)副指導教員は,学期又はターム毎に最低1回は大学院生と面談する機会を持ち,当該大学院生の研究の進捗状況について把握するとともに,主指導教員と密に連絡し,その支援を行う。
(専攻主任の任務)
7 専攻主任は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)専攻を代表して,大学による各種行事に参加する。
(2)入試に係る業務を統括する。
(3)教務,とりわけ教育課程の編成及び運営に関わる業務を統括する。
(4)評価及び将来構想に関する事項の審議を行う。
(専攻主任の選出及び承認)
8 専攻主任は,教育学研究科主任が指名し,運営委員会にて決定する。
(運営委員会)
9 運営委員会については,大阪教育大学大学院教育学研究科運営委員会設置に関する細則(以下「運営委員会細則」という。)の定めるところによる。
(コース会議)
10 大阪教育大学大学院教育学研究科履修規程第5条第1項に規定する各コースに,コース会議を置く。
11 コース会議は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)月1回程度,会議を催し,カリキュラムマネジメントの観点から,各コースの教育課程並びにその運用上の課題の抽出及び改善を検討し,運営委員会に報告する。
(2)教務に関わるガイダンスを企画・運営する。
(3)その他コースの運営に関わる事項に関して審議し,運営委員会に報告する。
12 コース会議は,各コースの専任教員によって構成される。ただし,必要に応じて,兼担教員も構成員となる。
13 各コースにコース代表を置き,コース代表は各コースの構成員の互選により選出する。
(専門委員会)
14 運営委員会細則第4条に基づき,次の各号に掲げる専門委員会を設置する。
(1)教務委員会
(2)入試委員会
(3)広報委員会
(4)FD委員会
15 教務委員会は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)研究科のカリキュラムの実施及びマネジメントを行う。
(2)研究科全体行事の企画及び実施に関わる事項について審議する。
(3)履修指導に関する事項について審議する。
(4)単位認定に関する事項について審議する。
(5)学外者への大学院生の研究成果の発信に関する事項(内容や方法,実施時期等)について審議し,その原案を作成する。
(6)その他科目等履修生及び研究生に関する事項について審議する。
16 教務委員会は,次の各号に掲げる者をもって構成する。
(1)心理・教育支援コースから選出された専任教員 1人
(2)国際協働教育コースから選出された専任教員 2人
(3)教育ファシリテーションコースから選出された専任教員 3人
(入試委員会)
17 入試委員会は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)短期的,中期的な見通しを立て,入試業務を推進する。
(2)大学院生の募集及び入学試験に関する事項について審議する。
(3)入試日程の計画,作問・監督者への依頼,作問及び校正の実施,入試当日の実施体制の構築等並びに入学試験の実施方法及び改善に関する事項を審議する。
18 入試委員会は,次の各号に掲げる者をもって構成する。
(1)心理・教育支援コースから選出された専任教員 1人
(2)国際協働教育コースから選出された専任教員 2人
(3)教育ファシリテーションコースから選出された専任教員 3人
(広報委員会)
19 広報委員会は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)広く社会一般,教育委員会や学校に対して,研究科の使命や活動,貢献している事柄,さらに教員や授業の紹介を行うとともに,入学者の確保に資する広報活動を実施する。
(2)大阪教育大学で催される大学院説明会の計画と実施に協力する。
(3)ファカルティ・ディベロップメント(以下「FD」という。)活動との連携を視野に入れた授業公開を企画及び実施する。
(4)研究科のパンフレット等を作成及び配布し,また,ホームページを活用した広報を企画及び実施する。
(5)その他研究科に係る広報に関する事項を審議する。
20 広報委員会は,次の各号に掲げる者をもって構成する。
(1)心理・教育支援コースから選出された専任教員 1人
(2)国際協働教育コースから選出された専任教員 2人
(3)教育ファシリテーションコースから選出された専任教員 3人
(FD委員会)
21 FD委員会は,次の各号に掲げる任務を行う。
(1)研究科の現状のカリキュラムや授業を運営することに加え,将来の改革も見据えて,教職員の資質向上に資する企画を設計,実施及び評価する。
(2)全学FDや他部局のFDとの連携も図り,場合によっては共同での実施を検討する。
(3)認証評価等で利用する資料とするために,FDの記録を残し,整理する。
(4)その他FDに関する事項を審議する。
22 FD委員会は,次の各号に掲げる者をもって構成する。
(1)心理・教育支援コースから選出された専任教員 1人
(2)国際協働教育コースから選出された専任教員 2人
(3)教育ファシリテーションコースから選出された専任教員 3人
 
附 則
 この裁定は,令和3年4月1日から施行する。