ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第2章 管理運営等 > 評 価
国立大学法人大阪教育大学が保有するIR情報に係る情報保護管理規程
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)が保有する学生,教員及び組織に係る情報並びに教育,研究及び社会貢献活動に係る情報を円滑に編成するために,国立大学法人大阪教育大学IRシステムマネジメント規程第3条に規定する特定の情報を大阪教育大学IR情報に集約し,当該情報の保護及び適正な管理について,必要な事項を定めるものとする。
(定義) 
第2条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。
(1) IR Institutional Researchの略称で,入学試験,教育課程,職員採用,財務及び卒業生対応など,本学における意思決定及び企画立案をサポートするために行われる作業を総称したものをいう。
(2) IR情報 系又は部局(以下「部局等」という。)で作成及び保管している学生,教員及び組織に係る情報並びに教育,研究及び社会貢献活動に係る情報をいう。
(3) IR情報データベースシステム IR情報に係る機器及びソフトウェアをいう。
(4) IR情報サーバ 本学の情報ネットワークに接続されているIR情報データベースシステム用のサーバをいう。
(5) IR情報ファイル IR情報データベースシステムによって電磁的記録媒体及びその他の媒体に記録されたものをいう。
(6) 部局等及び部局等の長(以下「部局長等」という。) 次の表に掲げるものをいう。
 

部局等

部局長等

初等教育課程

初等教育課程長

教員養成課程(特別支援教育特別専攻科を含む。)

教員養成課程長

教育協働学科

教育協働学科長

教育学研究科

教育学研究科主任

連合教職実践研究科

連合教職実践研究科主任

基幹教育推進機構

基幹教育推進機構長

附属図書館

附属図書館長

附属天王寺小学校

附属池田小学校

附属平野小学校

附属天王寺中学校

附属池田中学校

附属平野小学校

附属高等学校天王寺校舎

附属高等学校池田校舎

附属高等学校平野校舎

附属特別支援学校

附属幼稚園

附属学校統括機構長

学校安全推進センター

地域連携・教育推進センター

保健センター

グローバルセンター

情報基盤センター

教育イノベーションデザインセンター

キャリア支援センター

修学支援センター

全学センター統括機構長

高度教職開発系

総合教育系

多文化教育系

健康安全教育系

理数情報教育系

表現活動教育系

各系主任

事務局

事務局長

監査室

監査室長

 
(全学管理責任者) 
第3条 本学に,全学管理責任者を置き,学長をもって充てる。
2 全学管理責任者は,IR情報に関する業務を総括する。
(全学運用管理者) 
第4条 本学に,全学運用管理者を置き,IR室長をもって充てる。
2 全学運用管理者は,IR情報の保護管理及び運用並びにIR情報サーバの管理に係る業務を行う。
3 全学運用管理者は,IR情報サーバ等の機器を設置する室等に入室する権限を有する者をあらかじめ指定するとともに,入退出管理のため,その他の必要な措置を講じる。
(部局等運用責任者) 
第5条 部局等に,部局等運用責任者を置き,当該部局長等をもって充てる。
2 部局等運用責任者は,当該部局等におけるIR情報の管理に関する業務を総括する。
(部局等運用担当者) 
第6条 部局等に,IR情報ごとに部局等運用担当者を置き,部局長等が指名する当該部局等の職員をもって充てる。ただし,固有の部局等運用担当者を置くことが困難な場合は,複数の部局等が合同でこれを置くことができる。
2 部局等運用担当者は,当該部局等における大学情報について適切な保護管理及び運用を行うとともに,IR情報への入力支援を行う。
(IR情報ファイルの保有制限) 
第7条 IR情報ファイルの保有は,IR情報が次の各号に掲げる目的のために必要な場合に限る。
(1) 本学の教育,研究及び社会貢献活動の戦略を立案するための基礎資料の作成
(2) 教員養成及び教育学習支援人材養成に係る調査及び研究のための基礎資料の作成
(3) 本学の自己点検・評価のための基礎資料の作成
(4) 国立大学法人評価委員会等が行う評価への対応
(5) 独立行政法人科学技術振興機構が行う「研究開発支援総合ディレクトリ(Read)」の調査への対応
(6) 本学の諸活動を社会に発信するための資料の作成
(7) その他本学の活動状況資料の作成
(アクセス制限) 
第8条 全学運用管理者は,本学の教授,准教授,専任の講師,助教及び助手並びに部局等運用責任者,部局等運用担当者,データ入力事務担当者に対して,それぞれの役割の機能に応じたIR情報にアクセスする権限(以下「アクセス権限」という。)を付与する。
2 前項に規定するアクセス権限の付与は,その利用目的を達成するために,必要最低限に限るものとする。
3 アクセス権限を有しない者は,IR情報にアクセスしてはならない。
4 アクセス権限を有する者であっても,IR情報の構築目的以外の目的でIR情報にアクセスしてはならない。
5 アクセス権限を有する者及びその役割並びにアクセスできるIR情報については,部局長等の意見を聴取し,全学運用管理者が別に定める。
(アクセス権限の付与) 
第9条 部局等運用担当者は,当該部局等の職員がアクセス権限を新たに希望する場合又は変更を希望する場合は,部局等運用責任者の許可を得た上で,全学運用管理者に申し出るものとする。
2 全学運用管理者は,前項の規定により部局等運用担当者から申出があった場合は,アクセス権限を付与するものとする。
(大学情報ファイルの提供) 
第10条 全学運用管理者は,第7条に規定する目的のために必要と認めた場合に限り,IR情報ファイルを提供することができる。
(保有個人情報) 
第11条 IR情報における保有個人情報の取扱いについては,国立大学法人大阪教育大学保有個人情報等管理規程の定めるところによる。
2 全学運用管理者及び部局等運用管理者は,保有個人情報を含んだ大学情報の管理に当たっては,第8条のアクセス権限を有する者を限定するなど細心の注意を払わなければならない。
(監査) 
第12条 全学管理責任者は,必要に応じてIR情報監査を行い,IR情報に関し,必要かつ適切なセキュリティ対策を講じ,安全管理に努めなければならない。
(その他) 
第13条 この規程に定めるもののほか,IR情報の管理に関し必要な事項は,別に定める。
附 則 
 この規程は,令和3年4月1日から施行する。