ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第2章 管理運営等 > 評 価
国立大学法人大阪教育大学IRシステムマネジメント規程
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)における教育,研究及び社会貢献活動の目標設定や戦略の立案等,本学が意思決定を行う際に必要な大学情報の有効活用について,必要な事項を定める。
(定義) 
第2条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。
(1) IR Institutional Researchの略称で,入学試験,教育課程,職員採用,財務及び卒業生対応など,本学における意思決定及び企画立案をサポートするために行われる作業を総称したものをいう。
(2) 系又は部局(以下「部局等」という。)及び部局等の長(以下「部局長等」という。) 次の表に掲げるものをいう。
 

部局等

部局長等

初等教育課程

初等教育課程長

教員養成課程(特別支援教育特別専攻科を含む)

教員養成課程長

教育協働学科

教育協働学科長

教育学研究科

教育学研究科主任

連合教職実践研究科

連合教職実践研究科主任

基幹教育推進機構

基幹教育推進機構長

附属図書館

附属図書館長

附属天王寺小学校

附属池田小学校

附属平野小学校

附属天王寺中学校

附属池田中学校

附属平野小学校

附属高等学校天王寺校舎

附属高等学校池田校舎

附属高等学校平野校舎

附属特別支援学校

附属幼稚園

附属学校統括機構長

学校安全推進センター

地域連携・教育推進センター

保健センター

グローバルセンター

情報基盤センター

教育イノベーションデザインセンター

キャリア支援センター

修学支援センター

全学センター統括機構長

高度教職開発系

総合教育系

多文化教育系

健康安全教育系

理数情報教育系

表現活動教育系

各系主任

事務局

事務局長

監査室

監査室長

 
(情報の指定) 
第3条 学長は,本学が保有する大学情報のうち,教育,研究及び社会貢献活動を実施する上で必要な特定の情報を指定して円滑な活用を図るとともに,活用に当たっては国立大学法人大阪教育大学保有個人情報管理規程に留意するとともに,その保護及び適正な管理に努めなければならない。
2 前項における特定の情報の指定並びに当該情報の保護及び適正な管理の方法については,国立大学法人大阪教育大学が保有するIR情報に係る情報保護管理規程(以下「保護管理規程」という。)の定めるところによる。
(部局等の協力) 
第4条 部局長等は,学長に対し,情報の提供及び情報の有効活用に関し,人的資源及び物的資源の協力を行うものとする。
(情報の収集及び活用) 
第5条 部局長等は,保護管理規程第4条第1項に規定する全学運用管理者から,部局等が保有する学生,教員及び組織に係る情報並びに教育,研究及び社会貢献活動に関する情報(以下「IR情報」という。)を求められた場合は,これを提供しなければならない。
2 全学運用管理者は,第1条の趣旨に基づく使用目的以外の目的でIR情報の提供を求めてはならない。
3 全学運用管理者は,収集したIR情報を有効活用できるよう,学長,理事,副学長又は部局長等に分析結果等のデータ等を提供しなければならない。
(マネジメント活用) 
第6条 学長は,IR情報を分析し,教育,研究及び社会貢献に係る機能の最大化を図るものとする。
2 理事及び副学長は,IR情報の分析結果を活用して所掌業務の見直し及び改善に努めるものとする。
3 部局長等は,IR情報の分析結果を活用して円滑な教育,研究及び社会貢献活動を推進するものとする。
(分析資料の提供) 
第7条 学長,理事,副学長又は部局長等は,前条の分析及び分析結果の活用に当たって必要な分析ニーズを全学運用管理者に伝え,必要な資料の提供やサービスを受けることができる。
(その他) 
第8条 この規程に定めるもののほか,大学情報の活用に関し必要な事項は,学長が別に定める。
附 則 
 この規程は,令和3年4月1日から施行する。