ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 総 務
国立大学法人大阪教育大学自家用車業務使用規程
(目的)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)の職員等が自家用車を本学の業務のために使用する場合の取扱いについて必要な事項を定める。
(定義)
第2条 この規程における用語の定義は,次の各号に定めるところによる。
(1) 「職員等」とは,国立大学法人大阪教育大学旅費規程(以下「旅費規程」という。)第1条に規定する役員及び職員をいう。
(2) 「自家用車」とは,道路交通法(昭和35年法律第105号)(以下「道交法」という。) 第2条第1項第9号に規定する自動車(自動二輪車を除く。)であって,当該自動車検査証の所有者又は使用者が,職員等又は職員等と生計を一にする家族であり,当該職員等が日常使用しているものをいう。
(3) 「所属長」とは,国立大学法人大阪教育大学学長の旅行命令権等の委任に関する規程第3条に規定する旅行命令等を受ける範囲に応じた旅行命令権者をいう。
(4) 「各地区」とは,柏原キャンパス,天王寺キャンパス,附属天王寺小学校,池田地区,平野地区及び喜連地区(附属特別支援学校)をいう。
(自家用車業務使用の登録)
第3条 職員等は,自家用車を業務に使用する場合は,あらかじめ別紙様式1「自家用車業務使用登録申請書兼登録簿(以下「登録申請書」という。)」を所属長に提出し,登録の手続きをしなければならない。
2 所属長は,前項の申請内容が,次の各号に掲げる全ての要件を満たす場合に限り,これを許可し,使用者として登録するものとする。
(1) 自家用車について,次の種類の自動車保険契約が締結されており,当該自動車を業務に使用した場合 にこれらの保険が適用されること。
ア 自動車損害賠償責任保険又は自動車損害賠償責任共済
イ 任意自動車保険
 対人賠償保険 保険金額 無制限
 対物賠償保険 保険金額 無制限
   ただし,第7条の規定により職員等又は本学の学生を同乗させる場合は,さらに保険金額が1,000万円以上の搭乗者傷害保険又は人身傷害補償保険契約が締結されており,当該自動車を業務に使用した場合にこれらの保険が適用されること。
(2) 自家用車を業務に使用することができる職員等は,次に掲げる全ての要件に該当する者とする。
ア 申請時において,自動車運転免許証の交付後3年以上日常的に自動車を運転していること。
イ 申請時において,過去3年以内に自動車運転免許取消又は自動車運転免許停止の行政処分を受けていないこと。
ウ 申請時において,過去3年以内に自らの過失による交通事故を起こしていないこと。
エ 心身の状態が良好で安全の確保に不安がないこと。
(3) 自家用車は,道路運送車両法(昭和26年法律第185号)の規定による定期点検整備のうち,24ヶ月点検を行っているものであること。
3 登録申請書には,次の各号に掲げる書類の写しを添付しなければならない。
(1) 自動車運転免許証(表裏)
(2) 自動車検査証
(3) 自動車損害賠償責任保険証
(4) 任意自動車保険証
4 所属長は,第2項の許可及び登録を行った場合は,これを当該職員等に通知する。
5 第2項の許可を受けた職員等(以下「登録許可者」という。)は,登録内容に変更が生じた場合は,速やかに登録申請書により所属長に変更を申請しなければならない。
6 所属長は,登録申請書を登録簿として管理するものとする。
(自家用車業務使用の許可)
第4条 登録許可者は,自家用車を業務に使用する場合は,事前に別紙様式2「自家用車業務使用申請書(以下「使用申請書」という。)」を所属長に提出しなければならない。
2 所属長は,次に掲げる各号の全てに該当する場合に限り,自家用車の業務使用を許可することができる。
(1) 業務遂行上,各地区間を移動する必要があると認められる場合
(2) 公共交通機関の利用が困難な場合又は公共交通機関を利用することで業務効率が著しく低下する場合
(3) 出発地が柏原キャンパスではない,又は全ての公用車が他者に使用予約されている場合
3 前項の許可を受けた登録許可者(以下「使用許可者」という。)は,前項の許可を受けた内容に変更が生じた場合は,使用申請書により変更の許可を受けなければならない。
(用務先等)
第5条 自家用車を使用する場合の用務先は,各地区とする。
2 使用許可者は,走行距離にかかわらず運転時間が概ね2時間を超える毎に,20分以上の休息時間を取るよう努めなければならない。
(禁止事項)
第6条 使用許可者は,第4条第2項により自家用車の業務使用の許可を受けた後に,次に掲げる各号のいずれかに該当する場合は,業務のために自家用車を使用してはならない。
(1) 道交法に違反して,運転免許の取消し若しくは停止の処分を受け,又は交通事故により刑罰に処せられている場合
(2) 心身の状態が,過労,睡眠不足,傷病その他の理由により自家用車の安全な運転に支障を及ぼすおそれがあると認められる場合
(3) 台風,洪水,地震その他の災害等で,運転することが危険であると予想される場合
(4) その他正常に運転ができない状態にある場合
(5) 第4条第2項の規定により許可を受けた内容に変更が生じた場合
(同乗者の制限)
第7条 業務の必要上,職員等又は本学の学生を同乗させる場合は,その人員を必要最小限にするとともに,同乗者の所属,氏名及び同乗を必要とする理由を明らかにして第4条第2項に規定する所属長の許可を受けなければならない。
2 前項の規定により同乗させることができる者は,使用許可者と同一の用務及び目的地に同行する者に限る。
(業務使用の報告)
第8条 使用許可者は,第4条第2項により許可を受けた全ての自家用車の業務使用終了後,速やかに別紙様式3「自家用車業務使用報告書兼請求書(以下「報告書兼請求書」という。)」により,所属長に報告しなければならない。
(交通事故等の場合の措置)
第9条 使用許可者は,自家用車の業務使用中に交通事故が発生した場合は,直ちに業務を中止し,道交法その他関係法令等に基づく応急の処置を講じるとともに,速やかに別紙様式4「事故報告書」を所属長に提出しなければならない。
(損害賠償責任及び免責)
第10条 自家用車の業務使用中に,第三者に損害を与えた場合における損害賠償は,使用許可者が加入する自動車損害賠償責任保険及び任意自動車保険補償を受けて行うものとする。
2 前項の場合において,当該補償を受けることができる額を超える損害の賠償を要する場合は,その超える額について本学が補償する。ただし,当該事故の原因又は事故後の措置等について,使用許可者に故意又は重大な過失があると認められた場合は,本学が負担した額の一部又は全部に相当する額について,使用許可者に賠償を求めるものとする。
3 本学は,使用許可者が自家用車の業務使用中に起こした交通事故等による自家用車の毀損に対する損害賠償の責は負わない。
4 本学は,この規程に基づく許可を受けずに自家用車を業務に使用して起こした事故又は事件については,一切の責任を負わない。
(無補償)
第11条 本学は,前条の規定にかかわらず,使用許可者が第5条に定める事項に違反して起こした事故又は事故による損害に対しては,補償は行わない。
2 本学は,職員等が自家用車の業務使用許可を受けるに当たり登録申請書又は使用申請書において虚偽の申請があったことが判明した場合は,補償は行わない。
(罰課金)
第12条 使用許可者が自家用車の業務使用中に生じた当該自家用車の修理費等並びに罰金,科料及び反則金は,本人の負担とする。
(旅費の取扱い)
第13条 自家用車を業務に使用した際の旅費は,報告書兼請求書の記載及び旅費規程に基づき,支給するものとし,有料道路通行料金については,その利用が適当であると認められる場合に限り,実費額を支給するものとする。ただし,同乗者については,旅費を支給しないものとする。
2  前項に規定する各地区間の走行距離は,別表に定めるとおりとする。
3  自家用車を業務に使用した際に発生した駐車場代は,国立大学法人大阪教育大学立替払取扱要項に基づき別途請求するものとする。
(雑則)
第14条 この規程に定めるもののほか,自家用車の業務使用について必要な事項は,別に定める。
附 則
 この規程は,令和2年7月1日から施行する。
 
別表(第13条関係) 

区  間

距 離

柏原キャンパス~天王寺キャンパス 

18.5km

柏原キャンパス~附属天王寺小学校 

18.4km

柏原キャンパス~池田地区 

42.6km

柏原キャンパス~平野地区 

15.3km

柏原キャンパス~喜連地区 

14.7km

天王寺キャンパス~附属天王寺小学校 

2.0km

天王寺キャンパス~池田地区 

24.5km

天王寺キャンパス~平野地区 

5.1km

天王寺キャンパス~喜連地区 

6.4km

池田地区~平野地区 

28.0km

池田地区~喜連地区 

29.4km

平野地区~喜連地区 

1.7km

 
別紙様式1(第3条関係) 
別紙様式2(第4条関係)
別紙様式3(第8条関係)
別紙様式4(第9条関係)