ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第8章 附属図書館
資料の貸出冊数及び貸出期間に関する基準
附属図書館長裁定 
令和2年4月1日 
大阪教育大学附属図書館利用細則第8条第6項の規定に基づき,大阪教育大学附属図書館の資料の貸出冊数及び貸出期間について,次表のとおり定める。
 
利用者区分学部所属の学生大学院所属の学生教職員その他の利用者
利用対象者・学部学生
・研究生
・科目等履修生
・特別聴講学生
・留学生
・専攻科の学生
・大学院生
・研究生
・科目等履修生
・特別聴講学生
・留学生
・本学の職員番号を持つ職員等
(役員,教員,非常勤講師,事務職員)
・名誉教授
・一般市民
・放送大学大阪学習センターの学生
・卒業生
・退職教員
・派遣職員その他本学の職員番号を持たない職員等
資料種別貸出期間和書・多読本2週間1ヶ月1ヶ月2週間
洋書1ヶ月1ヶ月1ヶ月1ヶ月
指定図書・展覧会図録(本館所蔵)2週間1ヶ月1ヶ月館内のみ
教科書1週間1週間1週間館内のみ
参考図書当日当日当日館内のみ
雑誌・製本雑誌当日当日当日館内のみ
指導書館内のみ館内のみ館内のみ館内のみ
教採資料(分館所蔵)館内のみ館内のみ館内のみ館内のみ
視聴覚資料(CD・DVD)館内のみ館内のみ館内のみ利用不可
貴重書館内のみ館内のみ館内のみ館内のみ
貸出冊数(本館・分館合わせて)10冊まで10冊まで10冊まで3冊まで
備考書庫利用可書庫利用可書庫利用可書庫内資料は図書館職員に請求の上で利用
 
附属学校園児童・生徒等の利用条件は,申し合わせにより別途定める。また館長は,必要と認めるときは,授業期間外の貸出し又は教職員の授業利用を目的とする貸出しに限り,その冊数及び期間について,特別の取扱いをすることができる。
 附 則
 この基準は,令和2年4月1日から施行する。