ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第5章 学 生 > 教 務
気象警報等の発令時又は交通機関の運行停止時における授業,定期試験等の取扱要項
(趣旨)
1 この要項は,学生の安全確保等のため,気象警報等の発令時又は交通機関の運行停止時における授業,定期試験等(以下「授業」という。)の取扱いに関し,必要な事項を定めるものとする。
(柏原キャンパスに係る取扱い)
2 次の各号のいずれかに該当する場合は,柏原キャンパスで開講する授業を休講とする。
(1)  「大阪府」予報区の「大阪市」区域又は「東部大阪」区域に暴風警報(暴風雪警報を含む。)若しくは大雪警報又は特別警報(波浪特別警報及び高潮特別警報を除く。以下同じ。)が発令されている場合
(2)  次のア又はイに掲げるとおり,交通機関が運行停止となった場合(事前予告による運休を含む。)
ア 近鉄大阪線(鶴橋駅~大和八木駅間)の全区間において運行停止となった場合
イ JR環状線及び大阪メトロの全路線において運行停止となった場合
(天王寺キャンパスに係る取扱い)
3 次の各号のいずれかに該当する場合は,天王寺キャンパスで開講する授業を休講とする。
(1)  「大阪府」予報区の「大阪市」区域に暴風警報(暴風雪警報を含む。)若しくは大雪警報又は特別警報が発令されている場合
(2)  JR環状線及び大阪メトロの全路線において運行停止となった場合(事前予告による運休を含む。)
(休講の判断時刻及び授業の取扱い)
4 第2項及び第3項に規定する対象事由(以下「対象事由」という。)が解除されない場合の休講の判断時刻及びそれに伴う授業の取扱いは,次表によるものとする。
 

キャンパス

休講の判断時刻

授業の取扱い

柏原キャンパス

午前6時以前に解除されない場合

午前の授業を全て休講

午前10時以前に解除されない場合

午後の授業を全て休講

天王寺キャンパス

午前6時以前に解除されない場合

午前の授業を全て休講

午前10時以前に解除されない場合

午後の授業のうち,午後6時までに終了する授業に限り,全て休講

午後3時以前に解除されない場合

午後の授業のうち,午後6時以降に開始する授業に限り,全て休講

(授業開始直前に対象事由が生じた場合)
5 授業開始直前に対象事由が生じた場合は,必要に応じて休講とする。
(授業開始後に対象事由が生じた場合)
6 授業開始後に対象事由が生じた場合は,当該時限の終了までは授業を実施し,それ以降の授業は必要に応じて休講とする。ただし,特別警報が発令された場合は,直ちに授業を休講とする。
(対象事由の発生及び解除の確認)
7 対象事由の発生及び解除の確認は,次の各号のいずれかによるものとし,大学公式ホームページ又は大学公式ツイッターにも,適宜情報を掲載する。
(1)  第2項第1号及び第3項第1号については気象庁ホームページ,第2項第2号及び第3項第2号については各交通機関ホームページ
(2)  テレビ,ラジオ等の報道
(地震が発生した場合)
8 大阪府下のいずれかの地域に震度5強以上の地震が発生した場合は,直ちに授業を休講とする。なお,震度5強未満の地震が発生した場合であっても,各キャンパス内の建物に著しい被害,崩壊又は崩壊の恐れがある場合は,直ちに授業を休講とする。これらの休講措置は,キャンパス内の安全が確認されるまで継続することとし,安全が確認された日(「復旧日」という。)の翌日から授業を再開する。
(大規模地震に関する注意情報が発表された場合)
9 「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」等の大規模地震に関する情報が気象庁から発表された場合は,必要に応じて休講とする。
(避難指示が発令された場合)
10 各キャンパスが所在する自治体から避難指示が発令された場合は,直ちに授業を休講とする。
(その他通学が著しく困難な場合)
11 対象事由以外の警報等又は気象現象若しくは地震による交通機関の運行停止等で,通学が著しく困難な場合は,大阪教育大学試験及び成績の取扱いに関する要項第2項第6号の規定に基づき,出席とみなして取り扱うものとする。
(その他休講とする場合)
12 その他,学生の安全を確保する等の理由により,授業を休講とする場合がある。
(補講)
13 休講として取り扱う授業については,原則として,後日補講を行うものとする。
(学外活動中の取扱い)
14 この要項の規定にかかわらず,教育実習等で学外において活動中の場合の実習の中止については,当該実習校等の指示に従うものとする。ただし,実習校等への通学が著しく困難な場合は,第11項を準用する。
附 則
1 この要項は,平成31年4月1日から施行する。
2 交通機関の運休及び気象警報の発令による授業の取り扱いは,廃止する。