ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第8章 附属図書館
気象警報等の発令時又は交通機関の運行停止時における附属図書館の臨時閉館基準
附属図書館長裁定
平成31年4月1日
(趣旨)
1 この基準は,学生の安全確保等のため,気象警報等の発令時又は交通機関の運行停止時における国立大学法人大阪教育大学附属図書館(以下「図書館」という。)の臨時閉館に関し,必要な事項を定めるものとする。
(図書館本館に係る取扱い)
2 図書館本館(以下「本館」という。)の臨時閉館については,気象警報等の発令時又は交通機関の運行停止時における授業,定期試験等の取扱要項(以下「取扱要項」という。)第2項の規定を準用する。この場合において,同取扱要項中「柏原キャンパスで開講する授業」とあるのは「本館」と,「休講」とあるのは「臨時閉館」と読み替えるものとする。
(図書館天王寺分館に係る取扱い)
3 図書館天王寺分館(以下「分館」という。)の臨時閉館については,取扱要項第3項の規定を準用する。この場合において,同取扱要項中「天王寺キャンパスで開講する授業」とあるのは「分館」と,「休講」とあるのは「臨時閉館」と読み替えるものとする。
(開館中の臨時閉館)
4 開館中に,取扱要項第2項又は第3項に規定する対象事由(以下「対象事由」という。)が発生した場合は,速やかに臨時閉館の判断を行う。なお,特別警報が発令された場合は,直ちに臨時閉館とする。
(対象事由の解除による開館の取扱い)
5 対象事由が解除された場合の開館の取扱いは,授業時期及び判断時刻に従い,次表によるものとする。
 

 

授業

時期

判断時刻

開館の取扱い

本館

通年

午前6時までに解除された場合

通常どおり開館

午前10時までに解除された場合

午後0時30分より開館

ただし,土曜日又は臨時開館日の場合は終日臨時閉館

分館

授業期間中

午前6時までに解除された場合

通常どおり開館

午前10時までに解除された場合

午後0時30分より開館

土曜日の場合は,通常の開館時刻より開館

午後3時までに解除された場合

午後5時30分より開館

ただし,土曜日の場合は終日臨時閉館

授業期間外

午前6時までに解除された場合

通常どおり開館

午前10時までに解除された場合

午後0時30分より開館

(確認方法)
6 対象事由の発生及び解除の確認については,取扱要項第7項の規定を準用する。
(地震が発生した場合) 
7 大阪府下のいずれかの地域に震度5強以上の地震が発生した場合は,直ちに臨時閉館とする。なお,震度5強未満の地震が発生した場合であっても,各館内の建物に著しい被害,崩壊又は崩壊の恐れがある場合は,直ちに臨時閉館とする。これらの臨時閉館措置は,館内の安全が確認されるまで継続することとし,安全が確認された日の翌日から開館する。
(大規模地震に関する注意情報が発表された場合)
8 取扱要項第9項に掲げる大規模地震に関する情報が気象庁から発表された場合は,必要に応じて臨時閉館とする。
(避難勧告等が発令された場合)
9 本館又は分館が所在する自治体から避難勧告等が発令された場合は,次の各号によるものとする。
(1) 避難勧告が発令された場合は,必要に応じて臨時閉館とする。 
(2) 避難指示(緊急)が発令された場合は,直ちに臨時閉館とする。
(その他キャンパスへの入構が著しく困難な場合)
10 対象事由以外の警報等又は気象現象若しくは地震による交通機関の運行停止等で,キャンパスへの入構が著しく困難な場合は,必要に応じて臨時閉館とする。 
(その他臨時閉館とする場合) 
11 その他,学生の安全を確保する等の理由により,必要に応じて臨時閉館とする場合がある。 
(周知方法)
12 臨時閉館の実施又は再開を行う場合は,図書館ホームページ及び図書館公式ツイッターを用いて,その旨を周知する。
 
附 則
 この基準は,平成31年4月1日から施行する。
   附 則 
 この基準は,令和3年4月1日から施行する。