ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第4章 財 務 > 経 理
国立大学法人大阪教育大学職員会館使用規程
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学職員会館(以下「職員会館」という。)の使用に関し,必要な事項を定める。
(使用の目的)
第2条 職員会館は,次の各号に掲げる目的に使用するものとする。
(1) 国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)の役員及び職員(以下「職員等」という。)が福利厚生のために集会室を使用する場合
(2) 職員等が宿泊する場合
(3) 非常勤講師が講義のために来学し宿泊する場合
(4) 職員等が,本学の業務を遂行するために来学した本学の関係機関の職員及びその関係者を宿泊させる場合
(5) 職員等が,本務を遂行するため宿泊し,当該業務に関わる本学に在籍する学生を宿泊させる場合
(6) その他,学長が認める場合
(休館日)
第3条 職員会館の休館日は,次のとおりとする。
(1) 建物保守点検日
(2) その他,本学が必要と認める日
(宿泊期間及び使用時間)
第4条 職員会館の宿泊期間は,原則として7泊8日までとする。
2 職員会館を使用できる時間は,次のとおりとする。
(1) 第2条第1号に定める福利厚生のために集会室を使用する場合は,午前9時から午後8時までとする。
(2) 第2条第2号以下に定める宿泊の場合は,使用開始日の午後3時から使用終了日の午前10時までとする。
(使用手続)
第5条 職員会館の使用を希望する者は,原則として使用する日の6ヶ月前の属する月の初日から3日前までに,所定の使用願を財務課財務係に提出し学長の許可を得なければならない。ただし,職員等以外の者が宿泊する場合は,職員等が申請手続を行うものとする。
(使用の許可)
第6条 学長は,前条の使用が適切であると認めたときは,使用を許可するものとする。
(使用の取消し)
第7条 学長は,次のいずれかに該当するときは,使用を取り消すことができる。
(1) 使用者がこの規程を違反したとき。
(2) 管理運営上支障があると認められるとき。
(使用料)
第8条 使用を許可された者は,別に定める使用料を納付しなければならない。
2 使用料は前納とし,既納の使用料は別に定める場合を除き,返還しない。
3 第2条第1号及び別に定める場合は,使用料を徴収しないことができる。
(使用者の遵守義務)
第9条 使用者は,別に定める使用心得を遵守しなければならない。
(損害の報告と補填)
第10条 使用者が職員会館の施設,設備等を破損又は滅失したときは,直ちに財務課財務係又は門衛所に報告しなければならない。
2 破損,滅失が使用者の責による場合は,使用者は,その損害を補填しなければならない。
(事務)
第11条 職員会館に関する事務は,総務部財務課において行う。
(その他)
第12条 この規程に定めるもののほか,職員会館に関し必要な事項は,別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成17年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成18年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成28年10月3日から施行する。