ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第5章 学 生 > 教 務
GPAの活用について
1 大阪教育大学GPAに関する規程に基づき,算定されたGPAは,当分の間,次のとおり活用する。
 (1)同一授業科目の評価基準の調整に活用できる。
(2)学部生への履修指導に活用する。
(3)学部生については,算出した学期GPAが,1.0未満の場合には,指導教員が個別に履修指導を行うものとする。
(4)学部生(初等教育教員養成課程小学校教育専攻夜間コースを除く。)については,算出した学期GPAが,3.5以上の場合には,次期に履修申請できる単位数を指導教員の許可を得て,履修上限単位数を30単位の範囲までとすることができるものとする。 
(5)学校教育教員養成課程における副免許状取得のための履修要件に活用できるものとする。
  なお,履修要件は別に定める。
2 算定されたGPAは,大教UNIPAにより指導教員が閲覧できるものとする。
3 学期GPAについては,次期が始まる前までに,累積GPAについては,毎年度末までに,それぞれ講座主任へ書面により通知するものとする。
4 GPA算定後に成績評価に訂正があった場合には,GPAを再計算するものとする。
附 則
1 この要項は,平成29年4月1日から施行する。
2 平成28年度以前の入学者については,なお従前のとおりとする。
3 平成29年度以降の第二部第3年次編入学者については,なお従前のとおりとする。