ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 総 務
国立大学法人大阪教育大学コンプライアンス規程
(目的)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)におけるコンプライアンスに係る体制の確立及び推進を図るために必要な事項を定め,もって公平公正な職務の遂行及び本学に対する社会的信頼の維持に資することを目的とする。
(定義)
第2条 この規程における用語の定義は,次の各号に定めるところによる。
(1)「コンプライアンス」とは,法令及び本学規程等を遵守することをいう。
(2)「役職員等」とは,本学の役員,職員(非常勤講師及び非常勤職員を含む。以下同じ。)及び派遣契約その他契約に基づき本学の業務に従事する者をいう。
(3)「部局等」とは,初等教育課程,教員養成課程,教育協働学科,大学院連合教職実践研究科,附属図書館,学校危機メンタルサポートセンター,教職教育研究センター,保健センター,国際センター,情報処理センター,科学教育センター,キャリア支援センター,グローバル教育センター,附属学校部及び事務局をいい,「部局長」とは,それぞれの長(事務局においては総務担当理事)をいう。
(他の規程等との関係)
第3条 この規程の定めにかかわらず,人権侵害防止及び研究活動上の不正行為の防止に関するものについては,当該規程の定めるところによる。
(学長の責務)
第4条 学長は,本学におけるコンプライアンスに関する事項を統括し,コンプライアンスの推進が図られるよう,役職員等への効果的な教育・研修を実施するとともに,コンプライアンスの推進を図るための体制の整備,その他必要な措置を講じなければならない。
(役職員等の責務)
第5条 役職員等は,本学におけるコンプライアンスの重要性を深く認識し,本学を取り巻く全て の法令,本学規程等を遵守するとともに,社会の構成員として高い倫理観に基づき,公正公平で誠実かつ良識ある態度で職務の遂行に努めなければならない。
(コンプライアンス組織体制)
第6条 コンプライアンスに関する重要事項は,役員会の議を経て学長が決定する。
2 本学におけるコンプライアンスの推進に係る取組を掌理させるため,コンプライアンス総括責任者(以下「総括責任者」という。)を置き,総務担当理事をもって充てる。
3 総括責任者は,学長の指示により,役職員等の意識向上及び方針の策定等,コンプライアンスの推進に必要な具体的措置を講じなければならない。
4 コンプライアンスの推進を体系的に行わせるため,部局等にコンプライアンス推進責任者(以下「推進責任者」という。)を置き,部局長をもって充てる。
5 推進責任者は,自己の管理,監督又は指導する組織においてコンプライアンスの推進が図られるよう努めなければならない。
(通報)
第7条 職員は,法令違反等の行為を知りえたときは,国立大学法人大阪教育大学における公益通報に関する規程の定めるところにより通報を行うことができる。
2 通報は,虚偽,他人の誹謗中傷及びその他不正目的でこれを行ってはならない。
附 則
  この規程は,平成29年4月1日から施行する。