ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第5章 学 生 > 教 務
大阪教育大学教育学部履修規程
(趣旨)
第1条 この規程は,大阪教育大学学則第9条第3項の規定に基づき,大阪教育大学教育学部(以下「学部」という。)における教育課程の編成及び履修方法等について必要な事項を定める。
(教育課程の編成) 
第2条 学部は,その教育上の目的を達成するために必要な授業科目を開設し,体系的に教育課程を編成するものとする。
(学生の所属) 
第3条 学生は,初等教育教員養成課程,学校教育教員養成課程,養護教諭養成課程,教育協働学科のうち,別表1に定めるいずれかの専攻またはコース(以下「専攻等」という。)に所属するものとする。
(授業科目等) 
第4条 学部において開設する授業科目は,別表2のとおりとする。
2 前項に定める授業科目と単位数は,別表3のとおりとする。
3 教養基礎科目のうち、分野別科目として開講する授業科目は別に定める。
4 教育協働学科において,教育職員免許状取得に関する科目として開設する授業科目は,別表4のとおりとする。
5 学部において,学校図書館司書教諭資格取得に関する科目として開設する授業科目は,別表5のとおりとする。
(履修基準及び卒業に必要な単位数)
第5条 各課程及び学科等の履修基準及び卒業に必要な単位数は,別表6のとおりとする。
(他の専攻等の授業科目の履修)
第6条 学生は,必要に応じて所属する専攻等以外の授業科目及び第4条第5項に定める学校図書館司書教諭資格に関する授業科目を履修することができるものとし,前条に規定する卒業要件単位数に含めることができるものとする。
(単位の計算基準) 
第7条 単位の計算基準は,別に定める。
(成績評価基準の明示等) 
第8条 学部は,学生に対して,授業の方法及び内容,一年間の授業の計画をあらかじめ明示するものとする。
2 学部は,学修の成果に係る評価及び卒業の認定に当たっては,客観性及び厳格性を確保するため,学生に対してその基準をあらかじめ明示するとともに,当該基準にしたがって適切に行うものとする。
3 定期試験とその成績評価基準等は,別に定める。
(教育内容等の改善のための組織的な研修等) 
第9条 学部は,授業の内容及び方法の改善を図るための組織的な研修及び研究を実施するものとする。
(履修申請) 
第10条 学生は,当該学期内に履修しようとする授業科目について,別に定めるところにより,履修の申請をしなければならない。
(単位の認定)
第11条 単位の認定については,当該授業科目の授業が終了する学期末に行うものとする。
2 学則第24条第1項第1号及び第6号の一の規定により除籍された者については,当該期間に履修した授業科目の単位は認定しない。
(学修成果の評価)
第12条 履修登録した各授業科目の成績に対して,グレードポイント(以下「GP」という。)を与え,これに基づき成績評価の平均値(以下「GPA」という。)を算出する。
2 GP及びGPAの算出方法等については,別に定める。
(不正行為)
第13条 第8条第3項に規定する試験において不正と認められる行為を行った者があるときは,別に定める処置を行うものとする。
2 不正行為の防止と対応については,学長が別に定める。
(教育職員免許状) 
第14条 学生の所属する専攻等の区分に応じ,必要な単位数を修得することによって授与資格を取得することができる教育職員免許状の種類は,別表7のとおりとする。
(その他) 
第15条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。
附 則
1 この規程は,平成29年4月1日から施行する。
2 平成29年3月31日以前に入学した者に係る所属,授業科目等,履修基準及び卒業に必要な単位数,学修成果の評価,教育職員免許状については,第12条,第14条,別表1,別表2,別表3,別表4,別表6及び別表7の規定にかかわらず,なお従前の例による。
3 平成29年度以降の第二部第3年次編入学者については,なお従前の例による。
 
別表1(第3条関係)