ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第4章 財 務 > 経 理
国立大学法人大阪教育大学授業料その他の費用に関する規程
第1章 総則
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)における授業料その他の費用に関して,法令及び他の規程に別段の定めがあるもののほか,必要な事項を定める。
第2章 授業料,入学料及び検定料
(授業料,入学料及び検定料の額)
第2条 徴収する授業料(附属幼稚園にあっては,保育料。以下同じ。),入学料(附属幼稚園にあっては,入園料。以下同じ。)及び検定料の額は,別表第1のとおりとする。
2 大学の学部の転入学,編入学又は再入学に係る検定料の額は,第1項の規定にかかわらず,別表第2のとおりとする。
3 大学院に在学する者のうち,本学の定めるところにより,標準修業年限を越えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修して課程を修了することを認められた者(以下「長期履修学生」という。)から徴収する授業料の年額は,当該在学を認められた期間(以下「長期在学期間」という。)に限り,第1項の規定にかかわらず,同項に規定する授業料の年額に標準修業年限に相当する年数を乗じて得た額を長期在学期間の年数で除した額(その額に10円未満の端数があるときは,これを切り上げるものとする。)とする。
(授業料の徴収方法等)
第3条 授業料は,各年度に係る授業料について,前期及び後期の2期に区分して徴収するものとし,それぞれの期において徴収する額は,年額の2分の1に相当する額とする。
2 研究生及び特別研究学生に係る授業料は,前期及び後期の2期に区分して徴収するものとし,それぞれの期において徴収する額は,在学期間に応じ6月分に相当する額(6月に満たない場合は,その期間分に相当する額)とする。
3 前二項の授業料は,前期にあっては4月,後期にあっては10月に徴収するものとする。
4 第1項及び第3項の規定にかかわらず,附属高等学校,附属特別支援学校高等部(以下「附属高等学校等」という。)の授業料は,各年度に係る授業料について,四半期ごとに区分して徴収するものする。それぞれの期において徴収する額は,年額の4分の1に相当する額とし,各四半期の最初の月(第一四半期にあっては5月)に徴収するものとする。
5 前項の規定にかかわらず,附属高等学校等の授業料のうち高等学校等就学支援金(高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律第90号。以下「法律」という。)第1条に規定するものをいう。以下「就学支援金」という。)の受給権者(法律第4条及び第5条に規定する受給資格認定者をいう。以下同じ。)である者に係る授業料は,授業料の年額の12分の1に相当する額に受給権者が月の初日に在学する月数を乗じて得た額とし,その納付については,学長が就学支援金を受給権者に代わって受領することをもって充てる。
6 前項の規定にかかわらず,就学支援金の受給権者が期の中途に法律第3条第2項第2号及び法律第9条に掲げる者に該当し,就学支援金が支給されないこと(一時差し止めを含む。)となる場合は,授業料の年額の12分の1に相当する額に就学支援金が支給されないこととなる月から直近の徴収月前までの月数を乗じて得た額を,就学支援金が支給されないこととなる月に徴収するものとする。
7 科目等履修生及び特別聴講学生に係る授業料については,第1項及び第3項の規定にかかわらず,入学を許可した期の始めの月に履修を許可された科目の授業料の額の総額を徴収するものとする。なお,前期に入学を許可された者が,後期に履修する科目を追加する場合の授業料については,10月に徴収するものとする。
8 第1項及び第3項の規定にかかわらず,学生又は生徒等の申出があったときは,前期(附属高等学校等にあっては各期)に係る授業料を徴収するときに,当該年度の後期(附属高等学校等にあっては当該年度のその他の期)に係る授業料を併せて徴収するものとする。
9 入学年度の前期又は前期及び後期に係る授業料については,第1項及び第3項の規定にかかわらず,入学を許可される者の申出があったときは,入学を許可するときに徴収するものとする。
10 国立,公立又は私立の大学等の学生が,特別聴講学生又は特別研究学生として大学間相互単位互換協定に基づいて本学に入学するときの授業料については,第3項及び第4項の規定にかかわらず,徴収しない。 
第4条 授業料が年額で定められる者で当該年度における在学期間が12月に満たないものの授業料は,授業料の年額の12分の1に相当する額に在学する月数(1月未満の端数があるとき,これを1月とする。)を乗じて得た額を徴収することを原則とする。
(長期履修学生の授業料及び徴収方法の特例)
第4条の2 長期履修学生が長期在学期間を短縮することを認められる場合には,第2条第1項に規定する授業料の年額に当該者が在学した期間の年数を乗じて得た額から当該者が在学した期間に納付すべき授業料の総額を控除した額を徴収するものとする。
(入学料の徴収方法)
第5条 入学料は,入学を許可するときに徴収することを原則とする。
2 科目等履修生が年度内の履修期間の延長を許可された場合及び研究生が研究期間の延長を許可された場合については,前項の規定にかかわらず,入学料は徴収しない。
3 特別聴講学生及び特別研究学生については,入学料は徴収しない。
(検定料の徴収方法)
第6条 検定料は,入学,転入学,編入学又は再入学の出願(第2条第2項に規定する場合を含む。)を受理するときに徴収することを原則とする。
2 特別聴講学生及び特別研究学生については,検定料は徴収しない。
(既納の授業料等の返還)
第7条 既納の授業料,入学料及び検定料は,次の各号に該当する場合に,納付した者の申出により当該各号に定める額を返還する。
(1) 入学手続時に授業料を納付した者が,入学年度の前年度の3月31日までに入学を辞退した場合,及び,授業料を前納した者が,徴収期開始前に休学,退学又は卒業等した場合 当該授業料相当額
(2) 検定料を納付した者が,出願受理後に,本学が指定する大学入試センター試験受験科目の不足による出願無資格者であることが判明した場合 別表第3に定める額
(3) 前二号に定めるもののほか,学長が相当と認める特別の事情がある場合 学長が認めた額
第3章 寄宿料
(寄宿料の額及び徴収方法)
第8条 寄宿料は,学生宿舎に入居した日の属する月から退去する日の属する月まで毎月その月の分を徴収するものとする。
2 前項の規定にかかわらず,学生の申出又は承諾があったときは,当該年度内に徴収する寄宿料の額の総額の範囲内で,その申出又は承諾に係る額を,その際徴収することができるものとする。
3 寄宿料の額は,別表第4のとおりとする。ただし,大阪教育大学学生宿舎規程第3条第2項に定める留学生借受宿舎については,別に定める。
4 学生の申出があった場合,既納の寄宿料は返還することがある。
第4章 雑則
(その他)  
第9条 この規程に定めるもののほか,この規程の実施に関して必要な事項は,学長が別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成17年1月27日から施行する。
2 別表第1の改正規定は,平成17年度在学者から適用する。
附 則
 この規程は,平成18年6月22日から施行する。
附 則
 この規程は,平成18年9月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成19年4月1日から施行する。ただし,第7条の改正規定は,平成19年度入学志願者から適用する。
附 則
 この規程は,平成19年12月18日から施行する。
附 則
  この規程は,平成21年4月1日から施行する。
附 則
  この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則 
  この規程は,平成23年7月5日から施行する。
附 則 
  この規程は,平成26年4月1日から施行する。
 
   附 則
  この規程は,平成27年4月1日から施行する。 
 
   附 則
  この規程は,平成28年4月1日から施行する。 
 
   附 則 
  この規程は,平成28年11月14日から施行し,平成28年4月1日から適用する。
附 則 
  この規程は,平成29年4月1日から施行する。
 
 
別表第1(第2条第1項関係) 

区    分

授 業 料

入 学 料

検 定 料

 

学 部

 【年額】535,800

 282,000

 17,000

学 部(夜間)

 【年額】267,900

 141,000

 10,000

学 部(夜間 3年次編入)

 【年額】267,900

 141,000

 18,000

大学院の研究科

 【年額】535,800

 282,000

 30,000

特別支援教育特別専攻科

 【年額】273,900

  58,400

 16,500

附属高等学校

 【年額】115,200

  56,400

  9,800

附属中学校

 

 

  5,000

附属小学校

 

 

  3,300

附属幼稚園

 【年額】 73,200

  31,300

  1,600

附属特別支援学校  (小学部)    

          (中学部)

          (高等部)

 

 

  1,000

 

 

  1,500

 【年額】  4,800

   2,000

  2,500

科目等履修生

(学部及び大学院)

 【1単位】14,800

  28,200

  9,800

特別聴講学生 

(学部及び大学院)

 【1単位】14,800

 

 

研究生

(学部及び大学院)

 【月額】 29,700

  84,600

  9,800

特別研究学生

(大学院)

 【月額】 29,700

 

 

 
 
別表第2(第2条第2項関係)

区   分

検 定 料

学部の
転入学,編入学,再入学

30,000

学部(夜間)の
転入学,編入学,再入学

18,000

 
別表第3(第7条第2号関係) 

区   分

返 還 額

 

 学部

 13,000

 

 学部(夜間)

 

  7,800

 
別表第4(第8条第3項関係)  

区    分

寄 宿 料

 

学生宿舎

【月額】 5,000

留学生宿舎

【月額】 6,600

山本国際学生宿舎

Aタイプ

Dタイプ

Eタイプ

【月額】 16,700

Bタイプ

【月額】 15,600

Cタイプ

【月額】 14,400