ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第5章 学 生 > 厚生補導
大阪教育大学遠見山の家使用に関する取扱要項
(趣旨)
1 大阪教育大学遠見山の家使用規程(以下「規程」という。)第8条に基づき,大阪教育大学遠見山の家(以下「山の家」という。)の使用の許可等に関する必要な事項について,次のとおり定める。 
 
(使用許可の範囲) 
2 規程第2条第4項に定める山の家使用者の範囲は,次のとおりとする。 
(1) 大阪教育大学の学生,職員に帯同する者
(2) 大阪教育大学同窓会天遊会会員に帯同する者
(3) 大阪教育大学の卒業生に帯同する者
 
(使用料の納入等) 
3 使用料の納入及びその方法等は,次のとおりとする。 
(1) 使用料は,使用願書を提出するときに,現金又は口座振込の方法について学務部学生支援課が指定する。 
(2) 日帰りによる使用の場合は,1泊分の使用料を適用する。 
(3) 山の家の管理業務のための宿泊は,使用料を徴収しない。  
(4) 駐車場の使用料は,使用願書に記載された自動車の台数により算定し,山の家使用料に合わせて納入するものとする。
(5) 延泊を希望するときは,学務部学生支援課又は山の家管理人の了承を得るものとし,延泊にかかる使用料は,使用後7日以内に納入するものとする。
 
(駐車場の特例使用許可) 
4 山の家使用者の駐車場使用に支障がなく,かつ,次の要件のすべてを満たすときは,白馬村地域振興への貢献に資するものとして,山の家使用者以外の者に駐車場の使用を許可できるものとする。 
(1) 白馬五竜観光協会に属する宿泊施設又は白馬村公的施設からの利用申請であること
(2) 一定台数の利用枠による1ヶ月単位以上の使用申請であること 
(3) 駐車場使用中の自動車の損害や事故その他一切の責任を本学に求めない誓約があること 
(4) 駐車場特例使用申請書に山の家管理人の意見書が添付されていること 
 
(その他) 
5 この要項に定めるもののほか,山の家の使用に関し必要な事項は,別に定める。 
 
附 則 
 この要項は,平成27年4月1日から施行する。 
附 則 
 この要項は,平成28年4月1日から施行する。