ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第5章 学 生 > 教 務
大阪教育大学GPAに関する規程
(趣旨)
第1条  この規程は,大阪教育大学(以下「本学」という。)の学部におけるGrade Point Average(以下「GPA」という。)制度の運用に関し,必要な事項を定め,組織的な学修の成績評価を行い,学部生の学習への意欲の増進や履修指導の促進を図るとともに評価基準の明確化や厳格な成績評価に寄与するものとする。
 (GP)
第2条  Grade Point(以下「GP」という。)は,大阪教育大学試験及び成績に関する規程(以下「成績規程」という。)第5条に定める成績評価に基づき,次のとおりとする。

素  点

評語

GP

100点~90点

 89点~80点

 79点~70点

 69点~60点

 59点~

不可

 (GPA)
第3条  GPAとは,個々の学生の学習時間当たりの学修到達度を表す指標となる数値で,評価を受けた授業科目のGPに当該科目の単位数を乗じた値を総計し,その値を評価を受けた授業科目の総単位数で除して算出する平均値をいう。
2  GPAの算定対象となる授業科目は,次の各号に掲げるものを除外した授業科目とする。なお,不可(GP=0)の判定を得た場合,当該GP及びその学修に費やした単位数はGPA算定対象に含むものとする。
(1) 認定科目(素点や5段階の評語による評価をせず,単位修得のみを認定した授業科目)
(2) 素点や5段階の評語による評価がなされていない授業科目
(3) 評価が未確定又は保留の授業科目
3  GPAは,前項に規定するGPA算定対象科目について,当該学期における学修の状況及び成果を示す指標としての「学期GPA」,当該年度における同指標としての「年度GPA」,並びに在学中の全期間における指標としての「累積GPA」に区分して,各区分の定める方法により計算するものとし,計算値は小数点第2位以下を切り捨てるものとする。
  GPAの計算式
 学期GPA=(当該学期に評価を受けた各授業科目のGP×当該科目の単位数)の総和/当該学期に評価を受けた授業科目の総単位数
 年度GPA=(当該年度に評価を受けた各授業科目のGP×当該科目の単位数)の総和/当該年度に評価を受けた授業科目の総単位数
 累積GPA=(在学全期間に評価を受けた各授業科目のGP×当該科目の単位数)の総和/在学全期間に評価を受けた授業科目の総単位数
  (GPA算定期日の取扱い)
第4条  GPAの算定は,成績規程第2条に定める成績評価と併せて行う。
 (再履修の取扱い)
第5条 再履修により単位を修得した授業科目については,再履修によって得た評価と単位数をGPA算定に算入するものとする。 
 なお,当該科目について過去に得た評価及び単位数はGPA算定から除外しない。
 (GPAの通知)
第6条  学部生へのGPAの通知は,大教UNIPAで行うものとし,成績原簿には記載しない。
 (GPA算定対象科目の履修の取消し)
第7条  GPA算定対象科目について,履修登録をした授業科目であっても受講目的が達成されないなどの理由から,別に定める履修取消期間内に限り,履修の登録を取り消すことができるものとする。
2  履修取消期間内に取消し手続きを行わない場合は,履修登録科目のすべてが成績評価並びにGPA算定の対象となり,履修を放棄した授業科目は不可となる。
3  第1項の規定にかかわらず,病気,事故等やむを得ない事情による場合は,履修取消期間以降においても履修を取り消すことができるものとする
  (雑則)
第8条  この規程に定めるもののほか,GPAの実施に関し必要な事項は別に定める。
 附 則
1  この規程は,平成27年4月1日から施行し,平成27年度入学者(第二部第3年次編入学者については,平成29年度入学者)から適用する。
2 この規程施行の際,前日から引き続き在学する者(以下「在学者」という。)及び平成27年4月1日以降に在学者の属する年次に再入学する者については,なお従前の例による。