ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 人 事 > 教 員
大阪教育大学名誉教授称号授与規程
(趣旨)
第1条 この規程は,学校教育法(昭和22年法律第26号)第106条の規定に基づき,大阪教育大学名誉教授(以下「名誉教授」という。)の称号の授与について必要な事項を定める。
(資格)
第2条 名誉教授の称号は,次の各号の一に該当する者に授与する。
(1) 本学教授として16年以上勤務し,教育上又は学術上特に功績があった者
(2) 前号の規定にかかわらず,本学の教授,准教授又は講師(専任に限る。)として勤務し,本学名誉教授の称号を与えるにふさわしい教育上又は学術上特に顕著な功績があった者
(3) 学長又は副学長として本学の運営に関し特に功績があった者
(勤続年数の通算)
第3条 次の各号に掲げる勤務年数は,前条第1号の勤務年数に通算することができる。
(1) 本学の准教授としての勤務年数はその2分の1,専任講師としての勤務年数はその3分の1
(2) 本学以外の大学の教授としての勤務年数はその3分の1,准教授としての勤務年数はその4分の1
(名誉教授候補者の推薦)
第4条 初等教育課程長,教員養成課程長,教育協働学科長,大学院連合教職実践研究科主任及びセンター連絡会議議長は,第2条第1号及び第2号に該当する者を名誉教授候補者として推薦しようとするときは,その者の所属する教授会(大学院連合教職実践研究科委員会を含む。)又はセンター運営委員会の議を経て学長に推薦するものとする。
(候補者の審議)
第5条 学長は,前条の推薦を受けた名誉教授候補者又は第2条第3号に該当する者があるときは,当該候補者について教育研究評議会に付議するものとする。
2 教育研究評議会は,付議された名誉教授候補者について審議するものとする。
(特別選考)
第6条 学長は,第2条の規定にかかわらず,本学名誉教授の称号を与えるにふさわしいと認める者について,名誉教授候補者として教育研究評議会へ付議することができる。
(称号の授与)
第7条 名誉教授の称号は,名誉教授称号証書の交付により行う。
2 名誉教授称号証書の様式は,別紙のとおりとする。
(称号の取消)
第8条 本学名誉教授の栄誉を汚す行為があり,その称号を保持するのに適当でないと認められる者に対しては,学長は,教育研究評議会の議を経て,称号を取り消し,名誉教授称号証書を返還させることができる。
(規程の改正)
第9条 この規程の改正については,教育研究評議会の議を経て,役員会が行う。
(その他)
第10条 この規程に定めるほか,必要な事項は,別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年12月9日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成19年4月1日から施行する。
2 第2条及び第3条の准教授の取扱いに当たっては,この規程施行前の助教授としての勤務期間を通算するものとする。
附 則
 この規程は,平成19年12月26日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。