ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第6章 大 学 院 > 大学院
大阪教育大学大学院教育学研究科運営委員会設置に関する細則
(趣旨)
第1条 この規程は,大阪教育大学大学院教育学研究科委員会規程第10条の規定に基づき,教育学研究科運営委員会(以下「運営委員会」という。)の審議事項,組織,運営等について定めるものとする。
(任務)
第2条 運営委員会が教育学研究科委員会からの審議の委任を受ける事項の範囲は,次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 教育学研究科委員会の審議に供する原案の作成に関する事項
(2) 教育学研究科の教育課程の編成に関する事項
(3) 学生の身分に関する事項
(4) 学生の入学又は修了その他その在籍に関する事項
(5) 教務,学生指導に関する緊急重要事項
(6) 学生の単位換算・既修得単位等の認定に関する事項
(7) 研究生,科目等履修生及び特別聴講学生等の選考等に関する事項
(8) 科目等履修生及び特別聴講学生の単位の認定に関する事項
(9) 障害者の就学上の対応に関する事項
(10) 入学者選抜方法の改善に関する事項
(11) 広報に関する事項
(12) 教育学研究科の評価に関する事項
(13) FD事業の推進に関する事項
(14) その他教育学研究科主任が必要と認めた事項
2 運営委員会は,前項各号の中から教育学研究科委員会の議決により委任を受けた事項について審議を行うものとする。
3 運営委員会は,前項の審議を行った事項のうち,必要と認めるものについては,教育学研究科委員会に,その結果を報告するものとする。
(組織) 
第3条 運営委員会は,次の各号に掲げる委員で組織する。
(1) 教育学研究科主任
(2) 教育学研究科副主任
(3) 専攻主任
(部会) 
第4条 運営委員会に,次の部会を置き,当該専攻に係る事項を協議する。
(1) 第一部会:学校教育専攻,国語教育専攻,社会科教育専攻,数学教育専攻,理科教育専攻,英語教育専攻,家政教育専攻,音楽教育専攻,美術教育専攻,保健体育専攻,特別支援教育専攻,技術教育専攻,養護教育専攻
(2) 第二部会:健康科学専攻,総合基礎科学専攻,国際文化専攻,芸術文化専攻
(3) 第三部会:実践学校教育専攻
2 第一部会は,次の各号に掲げる委員で組織する。
(1) 教育学研究科副主任(教員養成課程長)
(2) 当該専攻主任
(3) 当該専攻から選出された教員各1人
3 第二部会は,次の各号に掲げる委員で組織する。
(1) 教育学研究科副主任(教育協働学科長)
(2) 当該専攻主任
(3) 当該専攻から選出された教員各1人
4 第三部会は,次の各号に掲げる委員で組織する。
(1) 教育学研究科副主任(初等教育課程長)
(2) 当該専攻主任
(3) 当該専攻から選出された教員各1人
5 部会に関し必要な事項は,別に定める。
(運営) 
第5条 運営委員会は,教育学研究科主任が招集し,その議長となる。
2 前項のほか,委員の5分の1以上の連署をもって教育学研究科主任あてに請求があったときは,研究科主任は20日以内に運営委員会を招集しなければならない。
第6条 運営委員会の議事の提出は,教育学研究科主任とする。
2 前項のほか,委員の5分の1以上の連署をもって議案を提出することができる。
第7条 運営委員会は,休職者,休暇中の者,公務出張中の者及び研修旅行中の者を除き,委員の5分の3以上の出席がなければ,その議事を開き,議決することができない。
第8条 運営委員会の議事は,出席委員の過半数をもって決し,可否同数の場合は議長が決する。
第9条 運営委員会が必要と認めたときは,委員以外の者の出席を求め,その意見を聞くことができる。
(教育学研究科委員会の再審議) 
第10条 第2条第2項の規定により運営委員会が審議を行い議決した事項について,教育学研究科委員会委員の5分の1以上の連署によりその理由を付して教育学研究科長あてに再審議の請求が提出されたときは,教育学研究科長は速やかに教育学研究科委員会を招集し,当該事項について再審議を求めなければならない。
(事務) 
第11条 運営委員会に関する事務は,関係部課等の協力を得て学務部教務課が処理する。
 
附 則 
 この細則は,平成27年4月1日から施行する。
附 則 
 この細則は,平成29年4月1日から施行する。