ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第7章 研究協力
国立大学法人大阪教育大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針
学長裁定
平成26年12月24日
 国立大学法人大阪教育大学が受け入れ管理する全ての経費(以下「公的研究費」という。)は,国民の貴重な税金や関係者からの信頼と負託で賄われていることから,公的研究費を不正に使用することは社会からの信頼に反する行為であり,大学の教育研究活動への信用を失墜させる行為であります。
 そのため,本学の責務として,公的研究費を適正に管理,執行し,公的研究費の不正使用防止に向けた社会からの要請に応えていかなければなりません。
 このことから,本学では,以下の方針に基づき,不正使用を発生させる要因を除去し,抑止機能を有する教育研究環境の構築を図り,公的研究費の不正使用防止に向け,誠実に取り組んでいきます。
 
1 公的研究費の運営・管理を適正に行うために責任の所在と権限を明確化した責任体系を構築します。
 
2 公的研究費の事務処理に関する職務権限やルールの明確化,統一化を図るとともに,不正使用防止対策に関する関係者の意識向上を図り,抑止機能を備えた環境の整備,運用を図ります。
 
3 不正を発生させる要因に対応した具体的な不正使用防止計画を策定し,実効性のある対策を確実,かつ,継続的に実施します。
 
4 適正な予算執行を行うため,第三者による実効性のあるチェックが効くシステムを構築し,公的研究費の適正な運営,管理を行います。
 
5 公的研究費の使用ルールなどの情報共有,共通理解を促進する体制を構築するとともに,研究費不正に対する取組などについて,積極的に情報を発信します。
 
6 「不正使用をしない,起こさない」ことを目指し,実効性のあるモニタリング体制を整備,実施し,不正の発生の可能性を最小にするため,恒常的に組織的牽制機能の充実,強化を図ります。