ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 人 事 > 教 員
大阪教育大学リサーチ・アシスタント規程
(目的)
第1条 この規程は,大阪教育大学(以下「本学」という。)における学術研究の一層の推進に資する研究支援体制の充実・強化並びに若手研究者の養成・確保を促進するため,本学が行う研究プロジェクト等に,将来研究者となる意欲と優れた能力を有する大学院後期博士課程在学者を研究補助者として参画させ,研究活動の効果的な推進を図るとともに,研究補助業務を通じて若手研究者としての研究遂行能力の育成を図ることを目的とする。
(名称)
第2条 前項の研究補助者として参画させる学生の名称は,リサーチ・アシスタント(以下「RA」という。)とする。
(職務内容)
第3条 RAは,本学が行う研究プロジェクト等を効果的に推進するため,研究補助者として従事し,当該研究活動に必要な補助業務を行う。
(資格)
第4条 RAに採用できる者は,本学大学院修了者又は本学学部卒業者で,将来研究者となる意欲と優れた能力を有する大学院後期博士課程在学者とする。
(身分)
第5条 RAは,常勤職員の1週間当たりの勤務時間の4分の3を超えない範囲内で勤務を行う国立大学法人大阪教育大学非常勤講師等就業規則(以下「規則」という。)の適用を受ける職員とする。
(申請及び選考の決定)
第6条 研究プロジェクト等の代表者(以下「研究代表者」という。)は,当該学生が所属する研究科と十分な連携を取りつつ,研究代表者の所属講座において採用予定者を選考の上,採用計画調書(別紙様式1)を添えて受入部局の長を経て学長へ申請するものとする。
2 学長は前項の申請に対し,選考の決定をするものとする。
(採用期間)
第7条 RAの採用期間は,当該事業年度内とする。 
(採用及び給与等)
第8条 RAの採用及び給与等については規則によるものとする。
(勤務時間)
第9条 RAの勤務時間は,週20時間程度を上限(年間通算200時間程度以上を標準とする。)とし,当該学生が受ける通常の研究指導,授業等に支障が生じないよう考慮するものとする。
(実績報告)
第10条 研究代表者は,当該事業年度終了後速やかにRA実績報告書(別紙様式2)を作成し,学長に報告しなければならない。
(雑則)
第11条 この規程に定めるもののほか,RAに関する必要な事項は,学長が別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。