ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第8章 附属図書館
国立大学法人大阪教育大学附属図書館図書収集指針
(目的)
1 この指針は,大阪教育大学附属図書館(以下「図書館」という。)の図書収集について基本となる事柄を定め,選書における恣意を防ぐとともに,予算と資産の適正かつ効率的な運用を図ることを目的とする。
(定義)
2 この指針における用語の定義は,次の各号に定めるところによる。
(1) 「図書」とは,大阪教育大学附属図書館図書取扱細則(以下「細則」という。)の第2条に規定するものをいう。
(2) 「資産管理責任者」とは,細則の第4条に規定する者をいう。
(組織)
3 図書収集における選書の最終選択権とその責任は資産管理責任者である附属図書館長(以下「館長」という。)にあり,学術情報課長は館長を補佐し,その図書収集に関する事務を分掌する。
(基本方針)
4 館長は,図書収集において以下の各項に留意する。
(1) 図書館蔵書に,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)の理念及び目的が反映される図書収集に努めること。
(2) 本学学生の学習・教養のための図書と,本学教員の教育・研究を支援する図書の双方に重点を置いた,幅広い分野の図書収集に努めること。
(3) 学内外諸機関との連携も考慮しながら,社会的要請に応え,図書館間の相互利用体制にも貢献する,特色・個性のある図書収集に努めること。
(4) 本学のカリキュラムの変化,教育・研究活動の変化,利用者要求の変化,社会的要請の変化に柔軟に対応すること。
(5) 冊子体の図書とともに,新しい形態の資料も積極的に導入すること。
(6) 既に特色ある資料群を形成している教育資料,本学の歴史・沿革に関わる資料を積極的に収集すること。
(7) 蔵書構成,配置場所,利用動向の分析・評価をし,不必要な重複を回避すること。
(8) 図書収集には,本学の教職員及び学生等の意向も反映させること。
(改廃)
5 この方針の改廃は,附属図書館運営委員会の議を経て,館長が行う。
附 則
  この指針は,平成24年4月1日から施行する。