ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第8章 附属図書館
大阪教育大学附属図書館利用細則
(目的)
第1条 大阪教育大学附属図書館規程第13条の規定に基づき,大阪教育大学附属図書館(以下「図書館」という。)の利用に関し,必要事項を定める。
(利用者)
第2条 図書館を利用できる者(以下「利用者」という。)は,次に掲げる者とする。
(1) 国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)の役員及び職員(以下「職員等」という。)
(2) 本学の大学院学生及びこれらに準ずる者(以下「大学院生」という。)
(3) 本学の学生及びこれらに準ずる者(以下「学生」という。)
(4) 図書館の利用を申し出た前三号以外の者(以下「その他の利用者」という。)
(開館時間)
第3条 図書館の開館時間は,次のとおりとする。
(1)本館
  月曜日から金曜日 午前8時45分から午後8時まで
  土曜日 午前10時から午後5時まで
(2)天王寺分館
  月曜日から金曜日午後1時から午後9時30分まで
  土曜日午後1時から午後9時まで
2 前項の規定にかかわらず,附属図書館長(以下「館長」という。)が必要と認めた場合は,開館時間を変更することがある。
(休館日)
第4条 図書館の休館日は,次のとおりとする。
(1) 日曜日
(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
(3) 12月29日から翌年1月3日まで
(4) 館内整理日
2 前項の規定にかかわらず,館長が必要と認めた場合は,臨時に開館又は休館することができる。
(図書館資料)
第5条 図書館資料(以下「資料」という。)とは,次に掲げるものとする。
(1) 図書
(2) 逐次刊行物
(3) 視聴覚資料
(4) 電子的資料
(5) マイクロ資料
(6) その他の資料
(閲覧)
第6条 利用者は,図書館内では,所定の場所において資料を自由に閲覧することができる。
2 利用者は,書庫内資料,特別資料室内資料,その他貴重・特別資料の閲覧を希望する場合,所定の手続きにより許可を得なければならない。
3 資料のうち次の各号に掲げる場合は,閲覧を制限することがある。
(1) 資料に「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律(平成13年12月5日法律第140号)」(以下「情報公開法」という。)第5条第1号,第2号及び第4号イに掲げる情報(個人情報に係る部分等)が記録されていると認められる場合における当該情報が記録されている部分
(2) 資料の全部又は一部を一定の期間公にしないことを条件に個人又は情報公開法第5条第2号に規定する法人等から寄贈又は寄託を受けている場合における,当該期間が経過するまでの間
(3) 資料の原本を利用させることにより,当該原本の破損若しくはその汚損を生じるおそれがある場合又は図書館において当該原本が現に使用されている場合
(利用証)
第7条 図書館の利用証は次のとおりとする。
(1) 職員等 職員証
(2) 学部学生又は大学院生 学生証
(3) その他の利用者 図書館が発行する利用証
2 利用証は,他人に貸与又は譲渡してはならない。また,紛失又は破損した場合は,速やかに届けなければならない。
(貸出し)
第8条 利用者が館外への持出しを目的に資料の貸出しを受ける場合は,利用証を提示し,所定の手続きをとらなければならない。
2 利用者は,貸出期間を厳守しなければならない。
3 利用者は,貴重図書,その他館長が指定した資料を館外へ持出すことはできない。ただし,館長が必要と認めた場合は,この限りでない。
4 利用者は,貸出しを受けた資料を転貸してはならない。
5 利用者は,貸出しを受けた資料の保管に関し,責任を負うものとする。
6 資料の貸出冊数及び貸出期間等は,館長が別に定める。
(研究室等備付)
第9条 職員等が研究費等により購入した資料(以下「研究室資料」という。)は,所定の手続を経て,当該研究室等において利用することができるものとする。
2 図書館から研究室資料の利用依頼があるときは,当該職員等の教育研究に支障のない限りにおいて,共同利用に供するものとする。
3 研究室資料は,当該職員等が保管に関し,責任を負うものとする。
4 館長は,必要に応じて研究室資料を図書館職員に点検させることができる。
5 職員等の退職等による研究室資料の取扱いは,別に定める。
(参考調査)
第10条 図書館は,利用者からの求めに応じて,教育研究に必要とする情報の提供及び資料の調査を行う。
(図書館相互利用)
第11条 第2条第1項第1号から第3号に規定する利用者は,他の大学等が所蔵する資料について利用の必要がある場合は,所定の手続きを経て依頼することができる。
2 図書館が所蔵する資料について,他の大学等から利用の依頼がある場合は,学内の利用に支障のない範囲において,これに応ずるものとする。
3 相互利用に関する事項は,別に定める。
(文献複写)
第12条 利用者は,別に定めるところにより,図書館所蔵の資料の複写を申し込むことができる。ただし,著作権の侵害及び原本の損傷のおそれのある場合等は受託しない。
2 第2条第1項第1号から第3号に規定する利用者は,他の大学等が所蔵する資料の複写を希望するときは,所定の手続きを経て依頼することができる。
3 図書館が所蔵する資料について,他の大学等から複写の依頼がある場合は,学内の利用に支障のない範囲において,これに応ずるものとする。
(利用事実の保護)
第13条 図書館は,読書事実など業務を通じて知り得た利用者のプライバシーを守る義務を負う。
(諸施設の利用)
第14条 利用者は,教育研究又は学習等のために必要とするときは,所定の手続を経て,図書館の施設を利用することができる。
2 前項の施設の利用に関する必要な事項は,別に定める。
 (保全義務)
第15条 利用者は,施設,設備,備品及び資料の保全に努めなければならない。
(弁償責任)
第16条 利用者が,故意又は過失により施設,設備,備品及び資料を破損,汚損又は紛失した場合は,その原状回復に必要な費用を弁償しなければならない。
(個人情報の取扱い)
第17条 公文書等の管理に関する法律(平成21年7月1日法律第66号)第2条第5項第3号に規定する歴史的若しくは文化的な資料又は学術研究用の資料に含まれる個人情報の取扱いについては,国立大学法人大阪教育大学保有個人情報管理規程を準用する。
(利用制限)
第18条 館長は,この細則に違反した利用者に対し,図書館の利用を停止又は制限することがある。
(免責)
第19条 利用者が,図書館の施設,設備,備品及び資料の利用により,自らのデータ,記録媒体,機器等が喪失または破損した場合でも,図書館はいかなる責任も負わないものとする。
(雑則)
第20条 資料を利用者の閲覧に供するため,資料の目録及びこの細則を常時閲覧室内に備え付けるものとする。
 
附 則
 この細則は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この細則は,平成20年5月13日から施行する。
附 則
 この細則は,平成23年4月1日から施行する。
附 則
 この細則は,平成24年4月1日から施行する。