ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 人 事 > 教 員
大阪教育大学ティーチング・アシスタント規程
(目的)
第1条 この規程は,大阪教育大学大学院の優秀な学生に対し,教育的配慮の下に学部教育の補助業務を行わせ,これに対する手当支給により,学生の処遇の改善に資するとともに,学生が将来教員・研究者になるためのトレーニングの機会の提供や,学部教育におけるきめ細かい指導の実現等を図ることを目的とする。
(名称)
第2条 前条の教育補助業務を行う学生の名称は,ティーチング・アシスタント(以下「TA」という。)とする。
(職務内容)
第3条 TAは,学部で開講する授業科目において,担当教員の指示のもと,実験,実習及び演習等の教育補助業務に従事する。
(身分)
第4条 TAは,常勤職員の1週間当たりの勤務時間の4分の3を超えない範囲内で勤務する国立大学法人大阪教育大学非常勤講師等就業規則の適用を受ける職員とする。
(採用期間)
第5条 TAの採用期間は,事業年度内とする。
(採用及び給与等)
第6条 TAの採用及び給与等については,国立大学法人大阪教育大学非常勤講師等就業規則による。
(選考基準)
第7条 TAの選考基準は,次の各号による。
(1) 修士課程又は専門職学位課程に在籍する大学院学生であること。
(2) 実験,実習及び演習等の内容を十分理解していること。
(選考方法)
第8条 TAの選考は,教育学研究科又は連合教職実践研究科の各専攻から推薦のあった候補者のうちから,前条の選考基準をもとに各研究科長が決定する。
(その他)
第9条 この規程に定めるもののほか,TAに関する必要な事項は,各研究科長が別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。