ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 人 事 > 教 員
国立大学法人大阪教育大学教員選考委員会規程
(趣旨)
第1条 国立大学法人大阪教育大学教員選考規程第6条第2項の規定により教員選考委員会(以下「委員会」という。)の構成等について定める。
(構成)
第2条 委員会は,次に掲げる委員会とする。
(1) 初等教育課程,教員養成課程,教育協働学科及び大学院連合教職実践研究科(以下「部局」という。)の教員人事(連合参加大学の教員に係る教員人事を除く。)に係る委員会
(2) 学校危機メンタルサポートセンター,教職教育研究センター,保健センター,国際センター,情報処理センター,科学教育センター,キャリア支援センター及びグローバル教育センター(以下「センター」という。)の教員人事に係る委員会
(組織)
第3条 前条第1号の委員会は,次の委員(大学院連合教職実践研究科に係る委員会の場合は第3号を除く。)をもって組織する。
(1) 副学長 1人
(2) 資格審査の対象となる研究科の研究科主任
(3) 当該案件の対象となる講座(その講座を基礎とする教育学研究科の専攻を含む。以下「当該講座等」という。)が所属する部局の長(以下「部局長」という。)
(4) 当該講座等の専任教員 3人以内
(5) 関係する他講座又は当該案件と関連する研究教育分野の専任教員 3人
2 前条第2号の委員会は,次の委員をもって組織する。
(1) 副学長 1人
(2) 当該センターのセンター長(保健センターにあってはセンター所長。以下同じ。)
(3) 当該センターのセンター運営委員会(学校危機メンタルサポートセンターにあっては,協議会。)の委員(事務系委員を除く。) 3人
(4) 関係する他センター及び講座又は当該案件と関連する研究教育分野の専任教員 3人
3 前条第2号の委員会において,採用及び昇任に加え同時に資格審査を行おうとするときは,前項の委員に次の委員(大学院連合教職実践研究科に係る資格審査の場合は第2号を除く。)を加えて委員会を組織するものとする。この場合において,前項第4号に「3人」とあるのは「3人以内」と読替えて適用できるものとする。
(1) 資格審査の対象となる研究科の研究科主任
(2) 資格審査の対象となる専攻を担当する研究科副主任
(3) 資格審査の対象となる専攻の専任教員 3人
4 第1項第1号,第4号及び第5号並びに第2項第1号,第3号及び第4号並びに前項第3号に掲げる委員は,学長が指名するものとする。
5 第1項第1号に掲げる委員,同項第2号に掲げる委員又は同項第3号に掲げる委員並びに第2項第1号に掲げる委員,同項第2号に掲げる委員,第3項第1号に掲げる委員又は同項第2号に掲げる委員が同一となる場合は,当該委員は,第5条第2項及び同条第3項に掲げる委員の数に重ねて算入しない。
6 学長は,第1項から第3項までの各号に掲げる委員のほか,必要に応じ学内外の教員又は有識者を委員に加えることができる。 
7 委員会に委員長を置き,第1項第1号又は第2項第1号に掲げる委員をもって充てる。
8 学長は,委員に欠員が生じた場合,新たに委員を補充しなければならない。
9 委員長は,必要に応じ学外の有識者による評価・推薦を求め,審議の参考にすることができる。
10 学長裁量による教員人事に係る委員会の構成は,別に定める。
(審議事項)
第4条 委員会は,次の事項を審議する。
(1) 採用選考又は昇任に関する事項
(2) 大学院の資格に関する事項
(議長及び議事)
第5条 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。ただし,委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名した者がその職務を代行する。
2 委員会は,委員の3分の2以上の出席がなければ議事を開くことができない。
3 委員会の議事は,出席した委員の3分の2以上の賛成で決するものとする。
(その他)
第6条 この規程に定めるもののほか,委員会に関し必要な事項は,別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成18年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成20年7月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成24年4月1日から施行する。 
附 則 
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。ただし,大学院連合教職実践研究科の教員人事については,平成29年4月1日以降の採用,昇任又は資格審査に係る教員人事から適用する。 
附 則 
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。