ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 総 務
国立大学法人大阪教育大学組織評価規程
(目的)
第1条 国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)の教育,研究,社会貢献等及び業務運営に関する諸活動の状況について自己点検評価することにより,本学の教育研究活動と業務運営の水準の向上及び改善並びに適正な資源配分に資するとともに,社会への説明責任を果たすことを目的とする。
(定義)
第2条 この規程で「組織評価」とは,中期目標・中期計画に基づく年度計画の達成状況について自己点検評価を行う達成状況評価並びに教育,研究及び社会貢献等の諸活動の状況について自己点検評価を行う基礎評価をいう。
(評価対象)
第3条 達成状況評価は,国立大学法人大阪教育大学運営機構室規程第2条に定める組織が行う当該の年度計画に記載されたすべての事項を対象とする。
2 基礎評価は,国立大学法人大阪教育大学基本規則第12条から第17条に定める組織が行うすべての教育,研究及び社会貢献等の諸活動を対象とする。
(評価の実施時期)
第4条 組織評価は,原則として毎年実施するものとする。
(評価実施者)
第5条 組織評価は,学長が行う。ただし,組織評価のうち,達成状況評価については評価室が実施し,基礎評価については大阪教育大学自己点検・評価委員会(以下「委員会」という。)が実施する。
2 評価室は,学長の求めに応じ,基礎評価に関する実施方針及び評価基準等について企画立案するとともに,評価に必要な資料・データの収集等を行う。
3 組織評価の妥当性の確保を目的として,評価の項目,指標,方法等の見直しを行うため,別に定めるところにより評価室に評価方法等検討委員会を置く。
(評価の方法)
第6条 第3条第1項による組織は,所定の様式を用いて自己点検評価を行い,その結果を評価室長があらかじめ指定する日までに評価室に報告する。
2 第3条第2項による組織は,委員会が定める様式を用いて自己点検評価を行い,その結果を委員会委員長があらかじめ指定する日までに委員会に報告する。
3 前項の規定にかかわらず,附属学校園の基礎評価にあっては,大阪教育大学附属学校園管理運営規則第20条に基づき,学長に報告された学校評価をもって充てる。
(学長の責務)
第7条 学長は,組織評価の項目,指標,方法及び評価結果の決定に当たっては,経営協議会及び教育研究評議会の審議に付するとともに,役員会の議決を経なければならない。
2 学長は,評価結果をホームページ等適宜の方法により,公表しなければならない。
3 学長は,評価結果について,学外者による検証を行うよう努めなければならない。
4 学長は,評価結果又は学外者による検証結果に基づく資源の適正配分を行うとともに,改善事項を定め当該組織に通知しなければならない。
 
附 則
1 この規程は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成17年度に実施する組織評価において,第3条各項に定める組織が,評価室に報告する期日については,第6条第1項及び同条第2項にかかわらず,評価室長が別に定める日とする。
附 則
1 この規程は,平成18年4月1日から施行する。
2 国立大学法人大阪教育大学評価実施部門設置要項(平成17年4月1日制定)は,廃止する。
附 則
 この規程は,平成19年12月26日から施行する。
附 則
 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成23年7月13日から施行する。