ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第2章 管理運営等 > 管理運営
国立大学法人大阪教育大学教育研究評議会規程
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学基本規則第9条に規定する教育研究評議会に関し必要な事項を定める。
第2条 教育研究評議会は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) 学長
(2) 理事
(3) 副学長
(4) 初等教育課程長
(5) 教員養成課程長
(6) 教育協働学科長
(7) 大学院教育学研究科主任
(8) 大学院連合教職実践研究科主任
(9) 附属図書館長
(10) センター連絡会議議長
(11) 附属学校部長
(12) 初等教育課程に所属する教員のうち学長が指名する教員 2人
(13) 教員養成課程に所属する教員のうち学長が指名する教員 4人
(14) 教育協働学科に所属する教員のうち学長が指名する教員 4人
(15) 大学院連合教職実践研究科に所属する教員のうち学長が指名する教員 1人
(16) 附属学校園に所属する教員のうち学長が指名する教員 1人
2 前項第12号から第16号までの教育研究評議会評議員の任期は,2年とし,再任を妨げない。
3 前項に掲げる教育研究評議会評議員が欠けたことにより補充した教育研究評議会評議員の任期は,前任者の残任期間とする。
第3条 教育研究評議会は,次に掲げる事項を審議する。
(1) 中期目標についての意見(法人法第30条第3項の規定により文部科学大臣に対し述べる意見をいう。ただし経営に関する部分を除く。)に関する事項
(2) 中期計画及び年度計画(経営に関する部分を除く。)に関する事項
(3) 学則(経営に関する部分を除く。)その他の教育研究に係る重要な規則の制定又は改廃に関する事項
(4) 教員人事に関する事項
(5) 教育課程の編成に関する方針に係る事項
(6) 学生の円滑な修学等を支援するために必要な助言,指導その他の援助に関する事項
(7) 学生の入学,卒業又は課程の修了その他学生の在籍に関する方針及び学位の授与に関する方針に係る事項
(8) 教育及び研究の状況について自ら行う点検及び評価に関する事項
(9) その他大阪教育大学の教育研究に関する重要事項
第4条 教育研究評議会への議案の提出は学長が行う。
2 前項のほか教育研究評議会評議員の4分の1以上の同意があった場合には,議案を提出することができる。
第5条 教育研究評議会は学長が招集し,議長となる。ただし,学長に事故があるときは,あらかじめ学長が指名した理事がその職務を代行する。
第6条 教育研究評議会は,その評議員の3分の2以上の出席がなければ議事を開き議決することはできない。
2 教育研究評議会の議事は,出席した評議員の過半数をもって決し,可否同数の場合は議長の決するところによる。
第7条 教育研究評議会は必要と認めた者の出席を求め,意見を聴取することができる。
第8条 教育研究評議会の議決事項は,公示するものとし,その方法については別に定める。
第9条 この規程の改廃は,教育研究評議会の議を経て役員会が行う。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
附 則 
1 この規程は,平成27年4月1日から施行する。 
2 平成27年4月1日に加えた第2条第15号の教育研究評議会委員の任期は平成28年3月31日までとする。 
附 則
1 この規程は,平成29年4月1日から施行する。
2 この規程の施行日における第2条第1項第12号に規定する教育研究評議会評議員は,改正前の規程第2条第1項第14号に規定する評議員が引き続くものとし,この規程第14号に規定する評議員は,改正前の第13号に規定する評議員が引き続くものとする。