ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第9章 教育研究施設
大阪教育大学情報処理センターライセンス保有ソフトウェア利用要項
(趣旨)
1 この要項は,情報処理センター( 以下「センター」という。)がライセンス契約によって導入したソフトウェア( 以下「契約ソフト」という。)について,センターの計算機システムにインストールした後の残余ライセンス数を,ソフトウェアの有効な活用のため,センター利用者に開放するとともに,より円滑なセンター運用に資するため必要な事項を定める。
(利用申請)
2 契約ソフトを研究室のコンピュータ等において利用しようとする者は,申請書及び同意書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。
3 前項に規定する申請書及び同意書については,別に定める。
4 契約ソフトの利用申請は,原則として本学の役員,教育職員及びこれらに準ずる者に限る。
(利用制限)
5 契約ソフトに関する利用形態は,センターと業者とで交わすライセンス契約の範囲内とする。
6 契約ソフトのインストールが可能なコンピュータは,本学所有のものに限る。
7 同一契約ソフトのインストールは,1人の利用者に対し1ライセンスを原則とする。
8 契約ソフトのインストール作業及びその利用に関しては,利用者自身が行うものとし,センターは関与しない。
(利用期間)
9 利用期間は,承認を受けた年度内とし,その年度を超えて利用する場合は,更新の手続を行わなければならない。
(更新手続) 
10 更新手続については,第2項の規定を準用する。
(利用経費の負担)
11 契約ソフトの利用については,大阪教育大学情報処理センター利用細則第9条第3項の規定に基づき,次の利用経費を負担しなければならない。
  前年度の利用実績に基づき1ライセンス当たり1会計年度   3,000円
12 前項の規定にかかわらず,情報処理センター兼任教員等は,利用経費の支払を免除するものとする。
(利用経費の支払方法等) 
13 経費の支払方法等については,大阪教育大学情報処理センター利用細則第10条の規定を準用する。
 
附 則
 この要項は,平成17年10月20日から施行する。
附 則 
 この要項は,平成25年4月1日から施行する。