ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第9章 教育研究施設
大阪教育大学キャンパスネットワーク利用要項
(趣旨)
1 この要項は,大阪教育大学情報処理センター利用細則第1条第2項の規定に基づき,大阪教育大学(以下「本学」という。)のキャンパスネットワーク(情報処理センター(以下「センター」という。)が整備したネットワーク関連の設備とシステム全体をいう。以下「GRAPES」という。)及びGRAPESに接続されている学内ネットワークの利用について,円滑でかつ安定した運用を図るとともに,GRAPESのセキュリティの確保を目的とし必要な事項を定める。 
(定義)
2 この要項において,「端末」とは,GRAPESに接続し,ネットワークサービスを利用するための情報機器をいう。
3 この要項において,「サブネット」とは,ネットワークを運用上分岐した小規模のネットワークをいう。
4 この要項において,「サーバ」とは,GRAPESに接続し,ネットワーク上の情報機器に対して各種のサービスを提供する情報機器又はプログラムで,サブネット外からのアクセスが可能なものをいう。
5 この要項において,「サーバハウジングサービス」とは,センターの管理する各部屋内においてサーバ機器を設置するための環境を提供するサービスをいう。
6 この要項において,「サーバホスティングサービス」とは,センター設置の情報機器の余剰資源上に利用者間で当該資源を共用しながら仮想計算機を構築してサーバとして運用するサービスをいう。
7 この要項において,「遠隔ログインサービス」とは,SSHプロトコルを利用して,GRAPES外からGRAPES内にあるセンター設置のサーバを遠隔操作するための利用者番号を発行するサービスをいう。
(GRAPESの運用及び管理)
8 GRAPESの運用及び管理は,センターが行う。GRAPESは原則として終日運用とする。
(GRAPESの停止) 
9 センターは,次の各号に該当する事態が発生した場合には,GRAPESの部分的又は全面的な停止を行うことができる。
(1)GRAPESの一部が,GRAPES全体及び外部のネットワーク組織に重大な損害又は不利益を与えた場合又は与える恐れが高い場合
(2)接続機器の保守作業のために停止する必要が生じた場合 
(3)その他センター長が必要と認めた場合 
(利用資格者)
10 GRAPESの利用資格者は,次に掲げる者とする。
(1) 本学の役員,職員及びこれらに準ずる者
(2) 本学の非常勤講師,共同研究者及びこれらに準ずる者
(3) 本学の学部学生,大学院学生及びこれらに準ずる者
(4) その他センター長が認めた者
(利用目的)
11 GRAPESは,次に掲げる目的のために利用することができる。
(1) 研究
(2) 教育
(3) 管理・運営
(4) その他センター長が認めた業務
(端末の接続申請)
12 GRAPESに端末を接続しようとする者は,申請書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。
13 キャンパス内設置の無線LANアクセスポイントを通してGRAPESに端末を接続しようとする者は,申請書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。
(端末の接続承認)
14 センター長は,前二項の申請に基づき,GRAPESへの接続を承認したときは,必要な情報を付して当該申請者に通知するものとする。
(端末の接続期間) 
15 接続期間は,承認を受けたときから当該申請者が第10項に規定する利用資格者である限りとする。
(利用者の義務)
16 第14項に規定する承認を受けた者は,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1) 承認を受けた以外の端末及びIPアドレス等を使用してはならない。
(2) 接続した端末に対してセキュリティ対策を講じなければならない。
(3) センター長から要請があった場合は,GRAPESへの接続状況等を報告しなければならない。
(端末の接続による利用経費の負担) 
17 GRAPESへの端末の接続については,大阪教育大学情報処理センター利用細則第9条第3項の規定に基づき,次の利用経費を負担しなければならない。
  前年度の利用実績に基づき1端子当たり1会計年度   4,000円 
18 前項の規定に関わらず,情報処理センター兼任教員等は,利用経費の支払を免除するものとする。
(サブネットの設置申請)
19 サブネットを設置しようとする者は,計画書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。ただし,サブネットを設置できる者は,第10項第1号に規定する者とする。
(サブネットの設置承認)
20 センター長は,前項の申請に基づき,サブネットの設置を承認したときは,サブネットのアドレス等を付して,当該申請者(以下「サブネット設置責任者」という。)に通知するものとする。
(サブネットの設置期間) 
21 設置期間は,承認を受けたときからサブネット設置責任者が第10項第1号に規定する利用資格者である限りとする。
(サブネットの運用及び管理の委任) 
22 第20項に規定する承認があった場合,センターは,第8項の規定にかかわらず,当該サブネット内の次の各号に掲げる運用及び管理をサブネット設置責任者に委任する。
(1) 配分されたIPアドレスの管理 
(2) 配線構成及び接続状態の把握 
(3) 通信障害発生時における初期対応 
(サブネット設置責任者の管理義務)
23 サブネット設置責任者は,その下にサブネット運用責任者を置く。
24 サブネット運用責任者は,サブネット設置責任者の業務を補佐する。
25 サブネット設置責任者及びサブネット運用責任者(以下「サブネット設置責任者等」という。)は,センター長の指示に従い,サブネットの運用及び管理を行わなければならない。
26 サブネット設置責任者等は,センター長から要請があった場合は,サブネットの利用状況等を報告しなければならない。
(研究室等の管理)
27 第8項及び第22項第3号の規定にかかわらず,研究室等で発生した通信障害の対応については,当該研究室担当者等の責任において対応する。 
28 研究室担当者等は,センター長又は申請されたサブネット内にあってはサブネット設置責任者から要請があった場合は,当該研究室等の利用状況等を報告しなければならない。
(サブドメインの設置申請)
29 研究グループ内でドメインサーバを置きサブドメインを設置しようとする者は,計画書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。ただし,サブドメインを設置できる者は,第10項第1号に規定する者とする。
(サブドメインの設置承認)
30 センター長は,前項の申請に基づき,サブドメインの設置を承認したときは,必要な情報を付して当該申請者(以下「サブドメイン設置責任者」という。)に通知するものとする。
(サブドメインの設置期間) 
31 設置期間は,承認を受けたときからサブドメイン設置責任者が第10項第1号に規定する利用資格者である限りとする。
(サブドメイン設置責任者の管理義務)
32 サブドメイン設置責任者は,その下にサブドメイン運用責任者を置く。
33 サブドメイン運用責任者は,サブドメイン設置責任者の業務を補佐する。
34 サブドメイン設置責任者及びサブドメイン運用責任者(以下「サブドメイン設置責任者等」という。)は,センター長の指示に従い,サブドメインの運用及び管理を行わなければならない。
35 サブドメイン設置責任者等は,センター長から要請があった場合は,サブドメインの利用状況等を報告しなければならない。
(サーバの設置申請)
36 GRAPES外に公開するサーバを設置しようする者は,申請書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。ただし,サーバを設置できる者は,第10項第1号に規定する者とする。
(サーバの設置承認)
37 センター長は,前項の申請に基づき,サーバの設置を承認したときは,設置するサーバに対して学外から行うプロトコルによる通信を可能にするための設定を行い,必要な情報を付して当該申請者(以下「サーバ設置責任者」という。)に通知するものとする。
(サーバの設置期間) 
38 設置期間は,承認を受けた年度内とし,その年度を超えて設置する場合は,更新の手続を行わなければならない。
(サーバ設置申請の更新手続) 
39 更新手続については,第36項の規定を準用する。ただし,申請内容に変更がない場合に限り,電子メール等での更新意思の確認をもって手続を完了したものとみなす。
(サーバ設置責任者の管理義務)
40 サーバ設置責任者は,その下にサーバ運用責任者を置く。
41 サーバ運用責任者は,サーバ設置責任者の業務を補佐する。
42 サーバ設置責任者及びサーバ運用責任者(以下「サーバ設置責任者等」という。)は,センター長及び申請されたサブネット内にあってはサブネット設置責任者の指示に従い,サーバの運用及び管理を行わなければならない。
43 サーバ設置責任者は,センター等から不正アクセス防止対策の指示があった場合,直ちにその対策を講じ,その旨をセンターに通知しなければならない。
44 サーバ設置責任者等は,センター長及び申請されたサブネット内にあってはサブネット設置責任者から要請があった場合は,サーバの利用状況等を報告しなければならない。
(サーバハウジングサービス及びサーバホスティングサービスの利用申請) 
45 サーバハウジングサービス及びサーバホスティングサービス(以下「サーバハウジングサービス等」という。)を利用しようとする者は,申請書をセンター長に提出し,その承認を受けなければならない。ただし,サーバハウジングサービス等を利用できる者は,第10項第1号に規定する者とする。
(サーバハウジングサービス等の利用承認) 
46 センター長は,前項の申請に基づき,サーバハウジングサービス等の利用を承認したときは,必要に応じて,設置するサーバに対して学外から行うプロトコルによる通信を可能にするための設定を行い,必要な情報を付してサーバハウジングサービスの利用申請者(以下「サーバハウジング利用責任者」という。)又はサーバホスティングサービスの利用申請者(以下「サーバホスティング利用責任者」という。)に通知するものとする。
(サーバハウジングサービス等の利用期間) 
47 利用期間は,承認を受けた年度内とし,その年度を超えて利用する場合は,更新の手続を行わなければならない。
(サーバハウジングサービス等申請の更新手続)
48 更新手続については,第45項の規定を準用する。ただし,申請内容に変更がない場合に限り,電子メール等での更新意思の確認をもって手続を完了したものとみなす。
(サービス提供項目) 
49 サーバハウジングサービスでは,次に掲げるサービス提供を行う。
(1) 電源(AC100V 単相)
(2) ネットワーク接続
(3) ラック
50 サーバホスティングサービスでは,次に掲げるサービス提供を行う。
(1) 仮想CPU
(2) 仮想メモリ
(3) 仮想ストレージ
(4) 仮想ネットワーク接続
(利用条件)
51 サーバハウジングサービスの利用の条件は,次のとおりとする。
(1) 設置・撤去の手配及び経費は,サーバハウジング利用責任者の負担とする。
(2) 機器・ソフトウェア・データの運用及び保守は,サーバハウジング利用責任者の責任により行うものとする。
(3) センターサーバ室へのサーバハウジング利用責任者の入室は,センターの職員の許可を必要とする。
(4) 過電流,電圧低下及び停電時の対応は,サーバハウジング利用責任者の責務とする。
(5) サーバハウジングサービスを更新しない場合は,利用期間終了後,遅滞なく機器を撤去しなければならない。
52 サーバホスティングサービスの利用の条件は,次のとおりとする。
(1) センターは,既設の情報機器上に仮想計算機環境の作成と資源割当てのみ行う。
(2) 基本ソフトウェア及びソフトウェアの設定,運用並びに保守は,サーバホスティング利用責任者の責任により行うものとする。
(3) サーバホスティングサービスでは情報機器に別の外付け機器の接続は認めない。
(4) センターサーバ室へのサーバホスティング利用責任者の入室は,センターの職員の許可を必要とする。
(5) サーバホスティングサービスを更新しない場合は,利用期間終了日の翌日から6か月の停止期間の後,センターが仮想計算機環境の削除を行うものとする。この際の仮想計算機上のデータの保全については,センターは行わない。
(データのバックアップ) 
53 センターは,サーバホスティングサービスにおいて,サーバの故障に備えて定期的にデータのバックアップを行うことがある。ただし,このバックアップしたデータは,サービス再開を目的に取得するものであって,各ユーザのデータの復元を保証するものではない。
(サーバハウジング利用責任者等の管理義務) 
54 サーバハウジング利用責任者及びサーバホスティング利用責任者(以下「サーバハウジング利用責任者等」という。)は,それぞれその下にサーバハウジング運用責任者又はサーバホスティング運用責任者(以下「サーバハウジング運用責任者等」という。)を置く。
55 サーバハウジング運用責任者等は,サーバハウジング利用責任者等の業務を補佐する。
56 サーバハウジング利用責任者等及びサーバハウジング運用責任者等は,センター長の指示に従い,サーバの運用及び管理を行わなければならない。
57 サーバハウジング利用責任者等は,センター等から不正アクセス防止対策の指示があった場合,直ちにその対策を講じ,その旨をセンターに通知しなければならない。
58 サーバハウジング利用責任者等及びサーバハウジング運用責任者等は,センター長から要請があった場合は,サーバの利用状況等を報告しなければならない。
(サーバハウジングサービス等の利用経費の負担) 
59 サーバハウジングサービス等の利用については,大阪教育大学情報処理センター利用細則第9条第3項の規定に基づき,次の利用経費を負担しなければならない。
 前年度の利用実績に基づき1サーバ当たり1会計年度   1,000円 
60 前項の規定にかかわらず,情報処理センター兼任教員等は,利用経費の支払を免除するものとする。
(免責) 
61 センターは,サーバハウジングサービス等により発生する損害に対して責任を負うものではない。また,不慮の事故又は障害等により本サービスが利用できないことによる損害賠償・補償も行わない。
(使用の停止)
62 センター長は,次に該当するときは,第36項及び第45項の申請に基づき設置したサーバ(以下「設置サーバ」という。)の使用を停止することができる。
(1) GRAPESの運用に重大な障害を与えるような運用を行ったとき。
(2) サーバ利用者に著しい支障を及ぼすような運用を行ったとき。
(3) 「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」第8条(アクセス管理者による防御措置)に基づいて学外機関からサーバ管理に関する注意があったとき。
(4) 第1項の目的に反する運用を行ったとき。
(サーバの廃止)
63 設置サーバを廃止する場合又はDNSの登録が不要になった場合は,サーバ設置責任者又はサーバハウジング利用責任者等がセンター長に遅滞なく申し出なければならない。
(メーリングリスト)
64 サブネット設置責任者等,サブドメイン設置責任者等,サーバ設置責任者等,サーバハウジング利用責任者等及びサーバハウジング運用責任者等は,ネットワークのセキュリティの確保とGRAPESの円滑な運用のため,センターが運用するメーリングリストに加わり,連絡調整に協力しなければならない。
(学外ネットワークへの接続等の原則禁止)
65 学内から専用回線・公衆回線等を通じて,学外ネットワークへの直接的な接続は,原則として禁止する。
(公衆回線等の利用) 
66 学外から公衆回線等を経由したGRAPESとの接続は,研究利用申請者に限定する。
(遠隔ログインサービスの利用申請)
67 遠隔ログインサービスを利用しようとする者は,申請書をセンター長に提出し,利用目的を明らかにした上でその承認を受けなければならない。
68 第10項第2号又は第4号に規定する者が利用を申請する場合,当該申請者は,その申請目的に関わる第10項第1号に規定する者の同意を得なければならない。
69 第10項第3号に規定する者が利用を申請する場合,当該申請者は,指導教員の同意を得なければならない。
(遠隔ログインサービスの利用承認) 
70 センター長は,第67項の申請に基づき,遠隔ログインサービスの利用を承認したときは,必要な情報を付して当該申請者に通知するものとする。
(遠隔ログインサービスの利用期間)
71 利用期間は,承認を受けた年度内とし,その年度を超えて利用する場合は,更新の手続を行わなければならない。
(遠隔ログインサービスの更新手続) 
72 更新手続については,第67項から第69項までの規定を準用する。ただし,申請内容に変更がない場合に限り,電子メール等での更新意思の確認をもって手続を完了したものとみなす。
(遠隔ログインサービス利用上の注意) 
73 遠隔ログインサービスは,申請目的以外の目的で利用してはならない。
74 利用を終了した場合は,遠隔ログインサービスの利用停止をセンター長に遅滞なく申し出なければならない。
(各種承認の取消し)
75 GRAPES及びGRAPESに接続されている学内ネットワークの利用にあたっては,本学の規程等を遵守しなければならない。
76 法令及び本学の規程等に違反する行為があった場合,センター長は各種の承認を取り消すことができる。
(申請書及び計画書) 
77 第12項,第13項,第36項,第45項及び第67項に規定する申請書並びに第19項及び第29項に規定する計画書については,別に定める。
(利用経費の支払方法) 
78 本要項に規定する利用経費の支払方法等については,情報処理センター利用細則第10条の規定を準用する。
(雑則)
79 この要項に定めるもののほか,GRAPESの管理運営に関し必要な事項は,情報処理センター運営委員会の議を経てセンター長が定める。
 
附 則
 この要項は,平成17年10月20日から施行する。
附 則 
 この要項は,平成25年4月1日から施行する。