ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第9章 教育研究施設
大阪教育大学教育イノベーションデザインセンター共同研究員内規
(趣旨)
第1条 この内規は,大阪教育大学教育イノベーションデザインセンター規程(以下「規程」という。)第10条第2項に基づき,教育イノベーションデザインセンター(以下「センター」という。)の共同研究員に関し必要な事項を定める。
(目的) 
第2条 共同研究員は,規程第3条に規定する業務に関し,専門的な研究を推進することを目的とする。
(共同研究員の委嘱)
第3条 共同研究員は,センター長が委嘱する。 
(委嘱期間)
第4条 共同研究員の委嘱期間は,原則として4月1日から翌年の3月31日までとする。ただし,センター長が特に必要と認めたときは,共同研究員の委嘱期間を延長することができる。
(承諾書の提出)
第5条 第3条により委嘱を受けた者は,委嘱に応じる場合,承諾書(別紙様式第1)をセンター長に提出するものとする。
(研究の推進)
第6条 共同研究員は,規程第4条に掲げる部門のうち研究課題に応じた部門に所属し,研究の推進にあたるものとする。
(経費の使用)
第7条 共同研究員は,センター長が認めた予算の範囲内で研究の推進のために必要な経費を使用することができる。
(施設等の利用)
第8条 共同研究員は,研究に必要な本学の施設及び設備を本学の教育研究に支障のない範囲において利用することができる。その際,共同研究員は,本学の規則を守らなければならない。
(委嘱の取消し) 
第9条 センター長は,共同研究員がセンターの教育研究及び運営に重大な支障を与えたときは,委嘱を取り消すことができる。
(証明) 
第10条 センター長は,共同研究員から請求があったときは,必要な事項について証明をすることができる。
(研究報告) 
第11条 共同研究員は,当該年度末までに研究報告書をセンター長に提出するものとする。
(研究結果の利用等) 
第12条 共同研究員は,研究結果を教育研究において利用することができる。ただし,研究結果を論文又は口頭で発表する場合は,センターにおける研究である旨を明らかにするものとする。
2 共同研究員は,当該研究に関わる論文等を発表した場合は,その印刷物1部(複製又は複写可)をセンター長に提出するものとする。
附 則 
1 この内規は, 令和3年9月17日から施行する。